NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある
2021.01.15

これからの時代に求められるデータ利活用第8回

データ分析の膨大な手間を“1クリック”で解決する方法がある

著者 Bizコンパス編集部

RakuDAでデータサイエンスのハードルを下げよう

 現在、NTT Comでは継続的にRakuDAのUIの改善や機能拡張、他サービスとのシームレスな連携といったバージョンアップの準備を進めています。さらに、深層学習に対応したデータ分析サービスである「Node-AI」も提供しています。

 大東氏は、RakuDAやNode-AIのようなツールを使ってデータ分析の“あたり”をつけ、組織全体でデータ活用の機運を高めることが、データ活用によるDXへのファーストステップになると指摘します。

 「NTT R&DやNTT Comの技術開発部隊であるイノベーションセンターではAIに関する様々な特許技術やノウハウを保持しています。それらと今回ご紹介したツールなどを組み合わせて、お客さまがデータを活用した新しいビジネスやサービスを行っていくうえで必要なプラットフォームを提供するための共同実験、共同ビジネス/サービス開発(CoB/CoS(仮称)パートナープログラム)を始めています。

 こうしたCoB/CoSを進めるにあたっては、現場の知見やノウハウを活用する必要があります。現場の方がRakuDAを使いAIによって何ができるかを把握することで、AIで解決できる課題や解決策が生まれやすくなる土壌ができます。このような新しい価値をお客さまと一緒に創造するために、RakuDAを使って誰もがAIで分析できる環境を築き上げていきたいと思います。

 RakuDAは、クラウド版であれば約1カ月で運用を開始できます。まずは無料ツールを利用いただき、さらなるご要望があれば、オフィシャルサイトの問い合わせ窓口までお気軽にご相談ください」

 有能なデータサイエンティストが見つからない、見つかってもコストと見合わない、という企業は、RakuDAを使って、その高いハードルを下げてみてはいかがでしょうか。

※「RakuDA®」は日本電信電話株式会社の商標です。

SHARE

関連記事

DXを阻むデータ利活用の課題。その解決方法は?

2021.03.05

デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて第59回

DXを阻むデータ利活用の課題。その解決方法は?

産業医・大室氏が語る「通勤という基準のないDX時代の“働ける”を、どう定義するか」

2021.03.03

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第22回

産業医・大室氏が語る「通勤という基準のないDX時代の“働ける”を、どう定義するか」

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

2021.02.17

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

2021.02.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第22回

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

2021.02.04

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

政府も推進する「データ利活用」とは?

2021.02.03

これからの時代に求められるデータ利活用

政府も推進する「データ利活用」とは?