NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

著者 亀井聡

 企業にとって競争力を維持・向上するためにはDXが重要であり、DXに向けて舵を切る際には、データ活用とデータレイクが鍵になります。

 前回ではこうしたDXに必要な要素について紹介しました。今回はこれらの実際の適用例として、私が所属するNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)において、DX組織である「デジタル改革推進部」とその中のデータサイエンティスト集団「データドリブンマネジメント推進部門」がどのように立ち上がったのかという経緯と、実際に運用することでわかったDXの“理想と現実”について紹介します。

なぜわざわざDXの組織を立ち上げたのか?

 DX組織の立ち上げ方には、既存の情報システム部門を軸とするものや、事業部門の横断プロジェクトとするもの、研究開発部門やサポートSE部門を軸とするもの、社長直轄で外部登用を中心とするものなど、様々なアプローチが考えられます。

 NTT Comの場合は、大量データを取り扱っている組織が、情報システム部門、R&D部門、オペレーション部門などに分散していたため、システム部門を軸に、R&D部門と経営企画部でオペレーションの戦略を担っていた部隊を統合することで、新たに「デジタル改革推進部」という組織が生まれました。

 つまり、全体の事業再編に合わせて、DX組織が発足されることになったということです。DX組織の発足に合わせて、全体が再編されたというわけではありません。

 しかし、プレスリリースの中でも『全社Center of Excellence (CoE)として、データサイエンティストを結集し、自らのDXを進め、プロセス自動化やデータドリブン経営の推進を目的とした「デジタル改革推進部」を新設します』と言及されているように、デジタル改革推進部はDXを推進するための重要なポジションとして位置付けられています。

 デジタル改革推進部という組織は、「DX戦略部門」「情報システム部門」「データドリブンマネジメント推進部門」の3部門で構成されます。私はデータドリブンマネジメント推進部門に携わることになりました。

SHARE

関連記事

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

2020.11.16

IT&ビジネス最新ニュース第78回

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

2020.11.13

新たなイノベーションはアジアから始まる第4回

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る