NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

著者 亀井聡

 企業にとって競争力を維持・向上するためにはDXが重要であり、DXに向けて舵を切る際には、データ活用とデータレイクが鍵になります。

 前回ではこうしたDXに必要な要素について紹介しました。今回はこれらの実際の適用例として、私が所属するNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)において、DX組織である「デジタル改革推進部」とその中のデータサイエンティスト集団「データドリブンマネジメント推進部門」がどのように立ち上がったのかという経緯と、実際に運用することでわかったDXの“理想と現実”について紹介します。

なぜわざわざDXの組織を立ち上げたのか?

 DX組織の立ち上げ方には、既存の情報システム部門を軸とするものや、事業部門の横断プロジェクトとするもの、研究開発部門やサポートSE部門を軸とするもの、社長直轄で外部登用を中心とするものなど、様々なアプローチが考えられます。

 NTT Comの場合は、大量データを取り扱っている組織が、情報システム部門、R&D部門、オペレーション部門などに分散していたため、システム部門を軸に、R&D部門と経営企画部でオペレーションの戦略を担っていた部隊を統合することで、新たに「デジタル改革推進部」という組織が生まれました。

 つまり、全体の事業再編に合わせて、DX組織が発足されることになったということです。DX組織の発足に合わせて、全体が再編されたというわけではありません。

 しかし、プレスリリースの中でも『全社Center of Excellence (CoE)として、データサイエンティストを結集し、自らのDXを進め、プロセス自動化やデータドリブン経営の推進を目的とした「デジタル改革推進部」を新設します』と言及されているように、デジタル改革推進部はDXを推進するための重要なポジションとして位置付けられています。

 デジタル改革推進部という組織は、「DX戦略部門」「情報システム部門」「データドリブンマネジメント推進部門」の3部門で構成されます。私はデータドリブンマネジメント推進部門に携わることになりました。

SHARE

関連記事

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

2021.02.17

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

2021.02.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第22回

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

2021.02.04

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測