NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?
2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

著者 亀井聡

データレイクは“魔法の箱”か?

 このデータ整備を簡単にするのが、冒頭でも触れたデータレイクです。

 これまで主流だった DWH(データウェアハウス)では、あらかじめ決められた構造のデータしか受け取ることができませんでした。しかし、ビッグデータ以降に登場したデータレイクでは、「スキーマレス」(schemaless)と呼ばれる、構造が未知なデータや、非構造化データと呼ばれる行や列を持たないデータも扱うことができます。

 データレイクは、データ分析に画期的な変化をもたらしました。DWHでは、データを集める時点で分析の目的を明らかにしたうえでシステム開発を行う必要があったのですが、データレイクではデータを集めたあとで、分析の目的を変更できるようになったのです。

 これは一見メリットですが、デメリットもあります。それは分析者に要求されるスキルや技術レベルが上がるという点です。

 DWHでは、設計時点でどのようなデータをシステムに取り込んで、どう処理して最終的なアウトプット用データに変換するかが決まっています。つまり、システムが自動的に定型的な処理をしてくれるというわけです。

 一方でデータレイクでは、取り込まれたデータを、目的に応じて加工して構造化する作業は、分析者に委ねられます。従って、これまでシステム開発としてアウトソースできていた部分を、外部委託ではなくインハウス、内製で手当てすることが重要になります。

 加えて、分析時にどういうロジックを適用するか、ロジックの変更を素早く適用することができるか、ということが競争の源泉ともなるため、特に自社のノウハウが集積されるDXや業務分析のためには、外部の企業に“外出し”することがそもそも困難になります。

 データレイクは膨大なデータを取り扱うことができるのですが、それ自体は処理のスループットを高めるだけであって、何か高度な機能が内包されているわけではありません。使いこなすためには、それなりに高度なスキルが要求されます。そういう意味では導入すれば問題が自動的に片付く魔法の箱ではない、という点に注意する必要があります。むしろ派手な可視化機能を持つようなソリューションと比較すると地味な印象を与えるかもしれません。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す