NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか
2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

著者 亀井聡

データ活用を制する企業が、世界の覇権を握る

 このデータ処理技術の変化は、現在の世界のIT業界における変化とも、密接に関わっています。

 先程のDWHの話を振り返ってみましょう。過去のデータ活用は、決められたプロセスを堅牢に廻すということが中心であり、分析の結果プロセスを変えることになった場合は、新しいデータを取るためにシステムの更改が必要になりました。そのたびに、半年から一年、時には数年かかるようなプロセスを廻すことが必要でした。

 インターネット時代において、このようなデータ処理では致命的な遅れを産むこととなりますが、中にはデータ活用を素早く行い、インターネット時代の速度についていける者たちも現れました。それが、現在GAFAと呼ばれる企業たちです。彼らはインターネットの変化の速さに対応し、覇権を握ることに成功しました。

 現在、多くの企業がDXを推し進めようとしている背景には、DX自体にメリットを感じているというよりも、これらGAFA の手法に習おうとしている側面もあるといえそうです。DXだけでなく、ウォーターフォールからアジャイル、モノシリックシステム(大きな単一の機能により、一つの処理を行うこと)からマイクロサービス(複数の機能を組み合わせ、ひとつの処理を行うこと)、SoR (System of Record、記録するシステム)から SoE (System of Engagement、顧客とのつながりを重視したシステム)……といったようなビジネスシーンの変化も、GAFAの影響を受けたものと考えられます。

 現在、DXが進む背景には、データ活用の大きな進化があることは間違いありません。一昔前と比べて、「安く大量にデータを収集できる」「集めてから加工方針を考えることができる」「関係性をいろいろ見ることができる」「試しながら修正ができる」といった変化が起こっています。その変化に対応し、データを早く処理できた企業が、いま、この世の中をリードしており、そうした巨大な組織に遅れを取らないためにも、企業はDXを推進する必要があるのです。

 次回は、データレイクの重要性について、実際にデータの活用プロセスを追いながら解説します。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021.05.24

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場