NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか
2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

著者 亀井聡

AIがデータ活用の世界を大きく変えた

 DWHを中心としたデータ活用においては、どのデータとどのデータを、どういうキーで結合するか、ということが重要でした。たとえば、顧客にユニークに振られた顧客番号のようなものを中心に、契約情報や利用状況といった複数のシステムに横断して記録されているデータを結合する、といったような処理を行っていました。

 しかし昨今ではシステムの数も膨大であり、複数の顧客に共通して利用されているサービス等もあり、単純に結合することが難しいデータが多くなっています。特に、前述のIoT/OTではその例が顕著に見られます。

 こういった時、人間であれば臨機応変にあいまいにデータをくっつけることも可能なのですが、機械にその判断をさせることは、これまでは非常に難しいものでした。

 ここに登場したのが、機械学習をはじめとした、AIに関連した技術群です。

 AIの登場により、データを扱う技術は飛躍的に進化しました。たとえば、統計的手法に機械学習を併用することにより、様々なデータを試行錯誤しながら結合することが可能となりました。特に、自然言語処理や映像処理、大量のセンサ処理といった分野への影響は非常に大きなものとなっています。

SHARE

関連記事

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

2021.07.28

セキュリティ対策に求められる新たな視点第26回

どうすればゼロトラストが実現できるのか?SASEを活用した導入術

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?