NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか
2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

著者 亀井聡

AIがデータ活用の世界を大きく変えた

 DWHを中心としたデータ活用においては、どのデータとどのデータを、どういうキーで結合するか、ということが重要でした。たとえば、顧客にユニークに振られた顧客番号のようなものを中心に、契約情報や利用状況といった複数のシステムに横断して記録されているデータを結合する、といったような処理を行っていました。

 しかし昨今ではシステムの数も膨大であり、複数の顧客に共通して利用されているサービス等もあり、単純に結合することが難しいデータが多くなっています。特に、前述のIoT/OTではその例が顕著に見られます。

 こういった時、人間であれば臨機応変にあいまいにデータをくっつけることも可能なのですが、機械にその判断をさせることは、これまでは非常に難しいものでした。

 ここに登場したのが、機械学習をはじめとした、AIに関連した技術群です。

 AIの登場により、データを扱う技術は飛躍的に進化しました。たとえば、統計的手法に機械学習を併用することにより、様々なデータを試行錯誤しながら結合することが可能となりました。特に、自然言語処理や映像処理、大量のセンサ処理といった分野への影響は非常に大きなものとなっています。

SHARE

関連記事

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

2021.02.17

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

2021.02.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第22回

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

2021.02.04

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは

2021.01.29

共創によるビジネスイノベーション第5回

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは