NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか
2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

著者 亀井聡

「目標を決めてデータを分析する」では遅い

 ビッグデータというキーワードが登場する以前には、マーケティング等を中心に、データウェアハウス(DWH、データの倉庫)を構築する、という手法が流行したこともありました。これは分析に必要なデータをあらかじめ確定させることによって、各種データベースから必要なデータを分析専用のシステムに集約させる手法でした。

 今でもビッグデータを扱うのに、同様の手法を取っている会社は多いでしょう。しかし、ビッグデータを扱う際には、あらかじめ分析目標が決まっていて、そこに向けてデータを集める、という手法が取られることは少ないです。なぜなら、集まったデータを元に、どういうことがわかるのか、と試行錯誤することが重要だからです。目標が設定されるたびに、半年から一年かけてシステムを再構築する、ということをやっていては、世の中の進歩に取り残されてしまいます。

 そこで登場したのが、「データレイク」という考え方です。これは、非構造化データを含む、できるだけ生のデータを蓄積し、データ利用時に必要な整形を事後的に加える、というものです。具体的な利用事例については次回述べますが、このデータレイクの登場により、データ活用の世界に柔軟性が産まれました。

SHARE

関連記事

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

2020.11.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第13回

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

2020.11.26

IT&ビジネス最新ニュース第82回

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは