NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか
2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

著者 亀井聡

「目標を決めてデータを分析する」では遅い

 ビッグデータというキーワードが登場する以前には、マーケティング等を中心に、データウェアハウス(DWH、データの倉庫)を構築する、という手法が流行したこともありました。これは分析に必要なデータをあらかじめ確定させることによって、各種データベースから必要なデータを分析専用のシステムに集約させる手法でした。

 今でもビッグデータを扱うのに、同様の手法を取っている会社は多いでしょう。しかし、ビッグデータを扱う際には、あらかじめ分析目標が決まっていて、そこに向けてデータを集める、という手法が取られることは少ないです。なぜなら、集まったデータを元に、どういうことがわかるのか、と試行錯誤することが重要だからです。目標が設定されるたびに、半年から一年かけてシステムを再構築する、ということをやっていては、世の中の進歩に取り残されてしまいます。

 そこで登場したのが、「データレイク」という考え方です。これは、非構造化データを含む、できるだけ生のデータを蓄積し、データ利用時に必要な整形を事後的に加える、というものです。具体的な利用事例については次回述べますが、このデータレイクの登場により、データ活用の世界に柔軟性が産まれました。

SHARE

関連記事

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

2021.02.17

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

2021.02.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第22回

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

2021.02.04

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは

2021.01.29

共創によるビジネスイノベーション第5回

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは