NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」
2019.12.20

これからの時代に求められるデータ利活用第1回

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」

著者 Bizコンパス編集部

 AIやIoT、ビッグデータといった技術を用いてビジネスを変革する、デジタルトランスフォーメーション(DX)に多くの企業が関心を寄せています。その実現に向けたプロジェクトも数多く進められており、たとえば自社の業務にAIをどう組み込むかなど、デジタルテクノロジーの活用に向けた議論が活発に行われています。

 このDXを推進する上で鍵となるのが、データの効率的な蓄積と、効果的な活用です。AIの学習には膨大なデータが必要となり、それをどうハンドリングするかを考えなければなりません。データから有用な知見を生み出すことを考えるのであれば、ビッグデータの活用も視野に入れるべきでしょう。

 IDC Japanの発表によれば、2025年にはIoT機器の普及台数は416億台に達し、そこから生成されるデータの総量は79.4兆GBに達すると予測されています。データが増加の一途をたどり、さらにサイロ化が問題となる中「データをどうマネジメントしていけばいいかわからない」という企業も少なくないのではないでしょうか。

 そこで、今回は「NTT Communications Forum 2019」で行われた講演「データマネジメントの未来を語る ~米国の先進事例を交えながら~」から最新のデータ活用の方法をひも解きます。

 壇上にはInformatica LLCのMurray Sargant氏、Wasabi TechnologiesのJim Donovan氏、NTT Ltd. Groupの飯田 健一郎氏、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)の佐々倉 秀一氏が登壇し、ディスカッションを行いました。

なぜNTT Comは米のデータ関連企業とアライアンスを組んだのか

 まず登壇したのが、データ統合・管理の分野における独立系のリーディングカンパニーInformatica(インフォマティカ) LLC(以下、Informatica)のMurray Sargant氏です。

「Informaticaは1993年に設立された企業で、これまで25年間、一貫してデータビジネスに携わってきました。2004年にはインフォマティカ・ジャパン株式会社を設立しています。
当社はエンタープライズ領域のハイブリッドなクラウドデータ管理のリーダーであり、カスタマーサービスでもベスト・イン・クラスとの評価をいただいており、全世界に1万社の顧客がいます」

 続いてWasabi Technologies のJim Donovan氏が同社について説明します。

「当社はオブジェクトストレージである『Hot Cloud Storage』をクラウドサービスとして提供しており、“データの力を解き放つ”ことを目指している企業です。

 当社のミッションは低価格で高性能、セキュアなオブジェクトストレージを提供することです。Amazon S3やMicrosoft AzureのBLOB Storage、あるいはGoogle Cloud PlatformのGoogle Cloud Storageと同種のものですが、当社のオブジェクトストレージであるHot Cloud Storageは業界最安値水準の低価格で高性能なサービスです」

 オブジェクトストレージの利用形態について、Jim Donovan氏は次のように説明します。

「パブリッククラウド経由で使うことができ、AWSやMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどと接続することも可能です。さらにNTT Comの『Flexible InterConnect』を利用してHot Cloud Storageを活用することもできるようになる予定です」

 今回のイベントでNTT Comは、NTTデータとともにInformaticaとDXを推進するデータ利活用ビジネスに関する協業を行ったほか、Wasabi Technologiesとも協業して「Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ」を提供することを発表しています。この提携について、NTT Comの佐々倉 秀一氏は次のように説明します。

「データ統合やデータマネジメントの領域でInformaticaと、大容量のデータを安価かつセキュアに保存するためのオブジェクトストレージの領域でWasabi Technologiesと協業を行いました。

 両社との協業により、データとクラウド、ネットワークの領域を融合させ、お客さまが安全かつセキュアにデータの蓄積や効果的なデータ活用を行える環境を提供していきます。そこで当社もクラウドとネットワークの各領域で開発とオペレーションを一体的に進めていこうとしています」

SHARE

関連記事

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

2019.11.01

DXを加速させるITシステムの運用改革第12回

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

製造業がDXを進めるために、現場はなにから始めるべきか?

2020.09.23

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第10回

製造業がDXを進めるために、現場はなにから始めるべきか?

製造業に共通する無駄の多い業務は Smart Factoryでシェアできる

2020.09.23

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第47回

製造業に共通する無駄の多い業務は Smart Factoryでシェアできる

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第46回

DXで健康を導き出す!新たなヘルスケアプラットフォームが登場

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

2020.09.11

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第45回

「2025年の崖」はすでに到来している!?経産省に聞く、コロナ時代のDXの進め方

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

2020.09.09

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第44回

教育現場の課題を解決するNTT ComのSmart Educationとは

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

2020.08.28

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる