Bizコンパス

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」
2019.12.20

これからの時代に求められるデータ利活用第1回

米国の先進企業が語るデータの効率的な「蓄積」と効果的な「活用」

著者 Bizコンパス編集部

 AIやIoT、ビッグデータといった技術を用いてビジネスを変革する、デジタルトランスフォーメーション(DX)に多くの企業が関心を寄せています。その実現に向けたプロジェクトも数多く進められており、たとえば自社の業務にAIをどう組み込むかなど、デジタルテクノロジーの活用に向けた議論が活発に行われています。

 このDXを推進する上で鍵となるのが、データの効率的な蓄積と、効果的な活用です。AIの学習には膨大なデータが必要となり、それをどうハンドリングするかを考えなければなりません。データから有用な知見を生み出すことを考えるのであれば、ビッグデータの活用も視野に入れるべきでしょう。

 IDC Japanの発表によれば、2025年にはIoT機器の普及台数は416億台に達し、そこから生成されるデータの総量は79.4兆GBに達すると予測されています。データが増加の一途をたどり、さらにサイロ化が問題となる中「データをどうマネジメントしていけばいいかわからない」という企業も少なくないのではないでしょうか。

 そこで、今回は「NTT Communications Forum 2019」で行われた講演「データマネジメントの未来を語る ~米国の先進事例を交えながら~」から最新のデータ活用の方法をひも解きます。

 壇上にはInformatica LLCのMurray Sargant氏、Wasabi TechnologiesのJim Donovan氏、NTT Ltd. Groupの飯田 健一郎氏、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)の佐々倉 秀一氏が登壇し、ディスカッションを行いました。

なぜNTT Comは米のデータ関連企業とアライアンスを組んだのか

 まず登壇したのが、データ統合・管理の分野における独立系のリーディングカンパニーInformatica(インフォマティカ) LLC(以下、Informatica)のMurray Sargant氏です。

「Informaticaは1993年に設立された企業で、これまで25年間、一貫してデータビジネスに携わってきました。2004年にはインフォマティカ・ジャパン株式会社を設立しています。
当社はエンタープライズ領域のハイブリッドなクラウドデータ管理のリーダーであり、カスタマーサービスでもベスト・イン・クラスとの評価をいただいており、全世界に1万社の顧客がいます」

 続いてWasabi Technologies のJim Donovan氏が同社について説明します。

「当社はオブジェクトストレージである『Hot Cloud Storage』をクラウドサービスとして提供しており、“データの力を解き放つ”ことを目指している企業です。

 当社のミッションは低価格で高性能、セキュアなオブジェクトストレージを提供することです。Amazon S3やMicrosoft AzureのBLOB Storage、あるいはGoogle Cloud PlatformのGoogle Cloud Storageと同種のものですが、当社のオブジェクトストレージであるHot Cloud Storageは業界最安値水準の低価格で高性能なサービスです」

 オブジェクトストレージの利用形態について、Jim Donovan氏は次のように説明します。

「パブリッククラウド経由で使うことができ、AWSやMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどと接続することも可能です。さらにNTT Comの『Flexible InterConnect』を利用してHot Cloud Storageを活用することもできるようになる予定です」

 今回のイベントでNTT Comは、NTTデータとともにInformaticaとDXを推進するデータ利活用ビジネスに関する協業を行ったほか、Wasabi Technologiesとも協業して「Enterprise Cloud Wasabiオブジェクトストレージ」を提供することを発表しています。この提携について、NTT Comの佐々倉 秀一氏は次のように説明します。

「データ統合やデータマネジメントの領域でInformaticaと、大容量のデータを安価かつセキュアに保存するためのオブジェクトストレージの領域でWasabi Technologiesと協業を行いました。

 両社との協業により、データとクラウド、ネットワークの領域を融合させ、お客さまが安全かつセキュアにデータの蓄積や効果的なデータ活用を行える環境を提供していきます。そこで当社もクラウドとネットワークの各領域で開発とオペレーションを一体的に進めていこうとしています」

SHARE

関連記事

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

2019.11.01

DXを加速させるITシステムの運用改革第12回

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

2020.04.03

DXを加速させるITシステムの運用改革第21回

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

「2025年の崖」を克服するための支援ツールとは?

2020.03.31

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第3回

「2025年の崖」を克服するための支援ツールとは?

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

人材業界のディスラプトをリードするパーソルのDX戦略

2020.03.25

パーソルホールディングス株式会社

人材業界のディスラプトをリードするパーソルのDX戦略

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第4回

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第3回

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020.03.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

2020.03.04

テレワーク導入の“壁”を解決

“届いてから最短10分”でテレワークを始める方法がある

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

2020.03.04

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第2回

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

「eSIM」がビジネスの現場にもたらす価値とは?NTT comが解説

2020.02.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第34回

「eSIM」がビジネスの現場にもたらす価値とは?NTT comが解説