NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

DXの潮流、CDOの挑戦
2021.06.18

共創によるビジネスイノベーション第9回

未来の食を守り抜く食産業のDX、拡大中!ワールドピーコム×NTT Comから広がる共創の輪

著者 Bizコンパス編集部

C4BASEにも期待する、食の未来の描き方

 「もちろん、そこまでの未来を実現するには、ワールドピーコムとNTTコミュニケーションズだけの座組では難しいでしょう。1社や2社では解決できない大きな社会課題ですからね。もっと多彩なプレイヤーに参画してもらう必要があるからこそ、まずNTTコミュニケーションズと共創したいと思いました」(堀口さん/ワールドピーコム)

 堀口さんが描くのは、農業、物流、テクノロジーと、幅広い分野に携わりながら「食」にまつわる包括的なネットワークを再構築する大仕事。共創の輪を広げようと考えたとき、すでに多様な業種とのネットワークを築いているNTTグループの底力と信用は、大きなアドバンテージになります。

 「さまざまな業界の方々に参画してもらうとしたら、本当に大きなプラットフォームが必要になるでしょう。“競争”ではなく“共創”していくための座組をつくるのならば、ほとんどの業界とは異なるレイヤーに位置する、ニュートラルなNTTコミュニケーションズがパートナーであることはとても心強いです」(堀口さん/ワールドピーコム)

 「すでに共創の輪は拡大中で、飲食に関わる周辺業界はもちろん、一見遠く思える業界の企業もこの輪に繋がり始めています。まだまだこの輪は広げていきたいですし、C4BASEに所属する企業の方々にも、ぜひいろいろなアイデアをいただきたいです」(藤澤さん/NTTコミュニケーションズ)

 「特にアイデアが浮かばなそうだな……と尻込みする必要はまったくありません。社内でもよく言っているのですが“思いつきが大事”なんですよ。形式的に企画書などにまとめるよりも、『こんなことを思っている』『こんなことができるといい』といった、思いつきのような自由でやわらかい着想のほうが、ワクワクする未来の芽が生まれることも大いにあるんじゃないかと思います」(堀口さん/ワールドピーコム)

 やわらかな思いつきが、ワクワクする未来をつくり、それがまた共創をドライブさせていく。最も大切な心得のようでもあります。そしてぜひ、あなたもこの壮大な未来をドライブさせていく側になってみませんか?ワールドピーコム堀口さんと、NTTコミュニケーションズとともに「食の未来」を築いていきたい方は、こちらからお問い合わせください。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?