NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

元新日本プロレス社長、メイ氏が明かす“百戦錬磨”のマーケティング仕事術
2020.11.18

共創によるビジネスイノベーション第4回

元新日本プロレス社長、メイ氏が明かす“百戦錬磨”のマーケティング仕事術

著者 Bizコンパス編集部

数字こそが本当の国際語である

戸松 プロ経営者であるメイさんに、社長の資質をお聞きしてもよろしいでしょうか。

メイ 僕が初めて社長職に就いたときに他の役職との違いを感じたのは時間軸です。社長は明日や来月のことだけを考えません。現在はもちろんですが未来、少なくとも2、3年、場合によっては10年先を見据えた時間軸を持ち、それを見据えながら、企業の戦略や人事制度といった打つべき一手を考える必要があります。

 2つ目に重要となる資質は、すべてのステークホルダーが腹に落ちるような提案ができることです。アナリストのような専門家はもちろん、経験の浅い新入社員にも納得感ある話をしなければなりません。

 僕は数字こそが本当の国際語だと思っています。タカラトミーの社長に就任した際、「トミカは年1,000万個売れている」と聞いて僕にはピンときませんでした。そこで数字の出し方を変え、「トミカは3秒に1個売れている」と説明するようにしたところ、わかりやすくなったという意見が多く寄せられました。

 3つ目に経営で大事なのは、パッションです。同じことを伝えるにしても相手の目を見て、気持ちを込めて、強く訴える。少々大げさなくらいがいい。謙虚さが良しとされる日本文化は、海外では理解されません。「うちの商品はまだまだです」といった発言をすれば、間違いなくけげんな顔をされます。「これほどいい商品は、どこを探しても絶対にありません!」と堂々とパッションを持って伝えるようにすべきです。

戸松 これは経営者のみならず、リーダーシップを発揮する社員にも必要な資質ですね。

メイ その通りです。社長だけでは会社は回りません。社長が率先して範を示すことで、社員にもマインドを植え付けていく必要があります。それも経営トップの重要な役割の1つだと思っています。

戸松 昨今のコロナ禍のような不測の事態が生じた場合、社長はどう対処すべきなのでしょうか。メイさんは新日本プロレスの社長でしたが、どのような手を打たれましたか。

メイ まず、不測の事態で社長が心がけることは自信を醸し出すことです。トップが少しでも動揺を見せれば、その何倍も社員は不安になります。大丈夫!何とかなるという強い気持ちでビジネスをリードしていくべきでしょう。

 興行のチケットや物販が収益の大半を占めていた新日本プロレスでは、コロナの影響で興行が中止になり、主な収益が見込めなくなりました。そこで、すぐにコンテンツ配信や出版、ゲーム、ECといったほかの収益の柱を強化しました。社員には慣れない新しい仕事をしてもらうことになるので、わかりやすく説明して理解を得て、使命感を一人ひとり植え付けるように心がけました。

戸松 12月1日(火)に開催されるC4BASEセミナーの講演タイトルは「ニューノーマル時代の究極仕事術」ですが、もう一押し、観客を呼び込む“あおり”をお願いしてもよろしいでしょうか(笑)

メイ 今回の講演は文字ではなく絵を中心にして、わかりやすく、心に刺さる、腹落ちする工夫をしています。今日、あえてお話ししていないマーケティングでの成功事例もたくさんご用意しました。いろいろな話を浅く広く取り上げ、必ず1つや2つは参考になったと言ってもらえるよう、60分一本勝負で多彩な技を繰り出していくショットガン戦法でお話ししたいと考えています。

戸松 当日は私もメイさんと一緒にリングに上がるわけですが、まるでプロレスさながらの熱い講演がリアルタイムで楽しめるのではないでしょうか。もちろん、観客のみなさんからの質問もどんどん私からメイさんにぶつけていくつもりです。ショットガンの弾数が多すぎて、すべてを受けきれないかもしれませんが、メイさんの胸を借りるつもりでぶつかっていきます。ぜひ、みなさんも奮ってご参加ください。

おすすめセミナー

C4BASE STUDIO LIVE Vol.03
ニューノーマル時代のデジタル共創戦略
~リアル世界をリビルド(Rebuild)する「マーケティングと共創」~

元新日本プロレスの社長であり、敏腕マーケターでもあるハロルド・ジョージ・メイ氏を迎え、リアル世界を”リビルド(Rebuild)”する挑戦についてディスカッションしていきます。

【URL】
https://www.ntt.com/business/lp/mirai_biz/event/event_20201201.html

【開催予定日時】
2020年12月1日(火)13:30-15:30 ※13:15からアクセス可能

SHARE

関連記事

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

2021.02.17

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

2021.02.04

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

欧州スマートシティの成功は、企業がデータを独占しなかったから

2021.02.03

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第58回

欧州スマートシティの成功は、企業がデータを独占しなかったから

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは

2021.01.29

共創によるビジネスイノベーション第5回

4,000億円の空白市場を開拓!ワークマン・土屋氏の「しない経営」とは

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する

2021.01.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第18回

IoT・AI・クラウドに○○が加わることで、DXはさらに加速する