NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

大企業のための共創コミュニティ「C4BASE」では何が得られるのか
2020.08.19

共創によるビジネスイノベーション第2回

大企業のための共創コミュニティ「C4BASE」では何が得られるのか

著者 Bizコンパス編集部

C4BASEは自ら旗を立てた山を登るための前線基地、スタッフはシェルパ

戸松 最後に宮崎さんに伺いたいと思います。サブスクリプションに必ずしもデジタルを使う必要がないこと、簡単に始められることはわかったのですが、いざ実行する際のヒントを教えていただけますでしょうか。

宮崎 日本企業がサブスクリプションに取り組む際には、山登りのたとえがわかりやすい。山登りには事業(ビジネスモデル)という登山ルートとビジネス基盤という登山ツールが必要で、両方のバランスをとりながら、山を登ることが重要です。登山ルートを登るのは、当然当事者ですが、ツールについてはNTT Comなどの手練れのシェルパの力を借りればすぐに登れます。

 いちばん大事なことは事業のルートを登るための旗を立て、それを後押ししてもらえるC4BASEのような場を持つことです。C4BASEに集う人は業界や事業の背景は違うのですが志は同じ。仲間をリアルに感じられることは、非常に勇気づけられることだと思います。

戸松 C4BASEのロゴは「旗」がモチーフになっています。会員の方が課題解決のためにやりたいことを決めて、自らの山に旗を立てて登り始めることが前提だからです。この旗を立てた山にどう登るのかを仲間と議論する前線基地がC4BASEです。一緒に山を登る仲間が待っているので、日々モヤモヤ感がある方にこそ、ぜひ参加してほしいと思います。

 我々には、将来的に、このC4BASEコミュニティを社会の公器としてインディペンデントな存在にしていきたいという想いがあります。オープンプラットフォーム化することにより、様々なビジネスパーソンが対等な立場で交流する場に育ってほしいと思っています。

 そのためにも、Bizコンパスの読者の皆さんには是非C4BASEのWebサイトに来ていただいて、過去の登壇者のコメントをご覧になって、感じていただきたいと思います。このコンセプトは面白い、この人の講演には共感できるといった気持ちが芽生えたら、センスがフィットしているということです。ぜひとも私たちにお声がけください。

※7月15日(水)に行われたオンラインセミナー「ニューノーマル時代のデジタル共創戦略 社会をリブートする『共創』のこれから」はこちらからご覧いただけます。(2020年9月30日(水)までの期間限定公開です)

SHARE

関連記事

DXを阻むデータ利活用の課題。その解決方法は?

2021.03.05

デジタルトランスフォーメーションの実現に向けて第59回

DXを阻むデータ利活用の課題。その解決方法は?

DXにコラボレーションが必要な理由

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第21回

DXにコラボレーションが必要な理由

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

2021.02.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

2021.02.22

IT&ビジネス最新ニュース第113回

ワークデイに聞く、「デジタルアジリティー」のある組織とは

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

2021.02.17

共創によるビジネスイノベーション第6回

カシオが挑むビューティーテック市場。そのカギは共創だった

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

2021.02.12

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第9回

製造業がDXで生き残る道とは?八子知礼氏とエバンジェリストが対談

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

2021.02.04

IT&ビジネス最新ニュース第106回

世界IT支出、2021年は6.2%増–ガートナー予測

政府も推進する「データ利活用」とは?

2021.02.03

これからの時代に求められるデータ利活用

政府も推進する「データ利活用」とは?

欧州スマートシティの成功は、企業がデータを独占しなかったから

2021.02.03

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第58回

欧州スマートシティの成功は、企業がデータを独占しなかったから