NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
DXの潮流、CDOの挑戦
2021.09.08

共創によるビジネスイノベーション第10回

東芝の最高デジタル責任者島田太郎氏が語る、日本企業が世界を席巻するチャンス Season2 #02 アフターインタビュー C4BASE STUDIO LIVE

著者 Bizコンパス編集部

コンテキストを意識すると“みんなのDX”になる

穐利:島田さんのお話には論理性があって思わず納得してしまいます。そういう理論構築をどう学んできたのでしょうか。

C4BASE事務局 穐利

島田:日頃当たり前のことだと感じていたことでも、裏付けがあると納得するものです。納得すると腹落ちします。そのためには現実を抽象化することが大事なんです。スケールフリーネットワークという言葉を持ち出したのも、今起きている現象を抽象化してまずフレームを理解してもらうためです。

穐利:ユヴァル・ノア・ハラリ氏のベストセラー『サピエンス全史』にある“認知革命”ですね。人間は虚構を信じることができたことで、大きなスケールで動くことができて、それが他の動物たちとの差異化につながったという。今のSNSの爆発的な広がりもそう考えると理解できます。

島田:理論の重要性を実感したのは前職のシーメンス時代です。理論がないと、上司の私が命じてもやってくれません。ところが一旦腹落ちすると高速で動き出します。私は理論を構築する力を磨くことで、プロジェクトを成功させることができました。

 自分でやるのが早道と考えるのではなく、丁寧に理屈をつけて繰り返し説明して、やってもらうようにしていくと、物事は大きく進んでいきます。

中澤:理論の構築は、DXはもとよりプロジェクトを成功させるために欠かせないのですね。C4BASEでDXのカウンセリングセッションをした時には「何をしたらよいのか分からない」という質問が多く寄せられました。具体的にやることを示すために島田さんが大切にしているポイントはどのようなことでしょうか。

島田:コンテキスト、つまり文脈を大切にしています。例えば従量課金が重要と言われてもピンときません。でも自分の仕事に当てはめて考えれば理解できます。それが弊社内で進めている “みんなのDX”という取り組みです。例えば、電車をつくって売ってきた人に、電車をサービスとして売ることを考えてもらうわけです。結局自分の仕事に置き換えないと腹落ちしないんですね。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?