NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
DXの潮流、CDOの挑戦
2021.09.08

共創によるビジネスイノベーション第10回

東芝の最高デジタル責任者島田太郎氏が語る、日本企業が世界を席巻するチャンス Season2 #02 アフターインタビュー C4BASE STUDIO LIVE

著者 Bizコンパス編集部

思いも寄らない価値が生まれる“ビオトープ”

中澤:ただ、現状GAFAのようなITの世界的大企業と日本企業の間は大きく水をあけられてしまっています。だからこそDXに注目が集まっているわけですが、日本企業の強みはどのようなところにあって、どのように進めていけばよいと考えますか。

C4BASE事務局 中澤

島田:日本企業は切り捨てることが苦手です。今まではそれが弱点だと言われていました。しかし、切り捨てなかったことでとんでもない技術が蓄積されてきています。私はそれを多様な可能性が生息している“ビオトープ”だと捉えています。

 これまで多くの欧米企業で選択と集中が進められてきました。例えば、ある企業は世界市場で1位から5位に入れないもの以外はやらないと決めています。確かにポートフォリオを狭めれば収益性は高まります。しかし、一巡すると痩せてきます。変化に弱くなってしまうんですね。

中澤:大企業がベンチャー企業のケイパビリティを求めて手を組むという事例も増えている背景には、そうした行き過ぎに対する反動もあるのでしょうね。

島田:大事なのは、選択と集中よりもダイバーシティです。日本企業に残っているビオトープにダイバーシティとインクルージョンの視点が加わることで、思いも寄らないものが生まれてきます。日本の経営者には、そこに気づいてもらいたいのです。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?