Bizコンパス

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」
2019.07.17

DXを加速させるITシステムの運用改革第8回

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」

著者 Bizコンパス編集部

“ゼロタッチ”のシステムを作るために必要な4つのポイント

 ServiceNowを活用した、人手を介さない「ゼロタッチオペレーション」を実現するために、小山氏は以下の4点に留意したといいます。

 1つ目は「手順の整理」です。5,000ページにもおよぶ手順書を、そのままシステムに投入するわけにはいきません。開発の効率化を図るため、最初に手順の分類を行いました。

「サーバー、ストレージ、ネットワークといった項目ごとに、単純な故障と複雑な故障に分類しました。復旧パターンを整理・分類し、共通項をまとめることで開発工数を減らすように心がけました」

 2つ目は「データインポートの容易化」です。ゼロタッチオペレーションシステムを開発するにあたり、運用に必要な膨大なデータをCMDB(構成管理データベース)にインポートする必要がありました。しかし、データには取り込みやすいデータとそうではないデータがあったといいます。

「システムがそのまま読めるデータは取り込みやすいのですが、問題は人間だけが読めるデータです。たとえばエクセルで管理されたデータなどは、読みやすいようセルを統合し、色分けを行っている場合がありますが、そのままシステムに取り込むことは困難です。そこで変換ツールを活用することで、インポートを行いました」

 3つ目は「オープンソースの活用による開発の簡易化」です。

「本来であれば、ServiceNowとEnterprise Cloudをダイレクトに接続すればいいのですが、それを実現するには、多くの開発工数がかかることがわかりました。そこでServiceNowとEnterprise Cloudとのつなぎにオープンソースの構成管理ツール「Ansible」を活用し、開発の簡易化、工期短縮を図りました」

 4つ目は「運用保守で培った知見の導入」です。

 複数のシステムを操作することによる誤操作を回避する機能、大規模故障時の暴走抑止機能、復旧措置が失敗してもリトライする機能などは、長年の運用から学んだノウハウをシステム化したものです。

「たとえばサーバーのリブート(再起動)で復旧しないケースでも、少し時間をおいてリトライすると立ち上がることがあります。これはサーバーのステータスが変化することで起こる事象ですが、“ゼロタッチオペレーション“システムにも、そうした知見を組み込んでいます」

SHARE

関連記事

新しくなった「ITIL 4」で、何が変わるのか?

2019.06.27

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第1回

新しくなった「ITIL 4」で、何が変わるのか?

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

2019.03.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第10回

情シスが“レガシー部門”になると、DXは進まない!

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

2019.06.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第6回

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

2020.06.18

IT&ビジネス最新ニュース第25回

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

2020.06.02

IT&ビジネス最新ニュース第20回

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」