Bizコンパス

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化
2019.06.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第6回

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

著者 Bizコンパス編集部

“iPhoneのようなインパクト”を、ビジネスシーンに与える意気込み

「Knowledge」は、ServiceNowが毎春開催している年次イベントです。13回目を迎える「Knowledge 19」のイベントテーマは、「ワークフローのデジタル化」。前回の「Knowledge18」では、ServiceNowの機能をアプリケーションごとに説明するプロダクトアウト型のプレゼンテーションでしたが、今回は、「IT変革」「従業員体験」「カスタマーサービス」という3つの大きなワークフローにおいて、現場ユーザーのDXがServiceNowによってどのように実現するかがテーマとなりました。

ServiceNow が示す「3つのワークフロー」

 2004年にServiceNowが創業した際のビジョンは、「企業で働く普通の人々の、日々のひとつひとつの仕事の生産性を高めるクラウドベースのプラットフォームを構築する」というものでした。基調講演の「Digital Workflows Keynote」では、CEOのJohn Donahoe氏が登壇し、そのDNAがさらに進化を遂げていることに言及。iPhoneを引き合いに出し、「スマートフォンがもたらしたライフシーンの変革と同じように、ビジネスシーンを変革させることがServiceNowの使命である」ことをアピールしました。

 続けて、注文すると即日商品が届くAmazonについて、複雑なプロセスやワークフローを標準化、自動化することでサービスが実現していることに言及。多くのビジネスシーンでは、依然としてワークフローに人手が介在している現状の課題に触れ、変革の第一歩は「DXによるワークフローの標準化、自動化」にあると強調しました。

SHARE

関連記事

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

2019.06.12

DXを加速させるITシステムの運用改革第5回

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

多忙な運用業務にさよなら!いま自動化がアツい理由

2017.01.13

複雑化するシステム運用管理にどう対処すべきか

多忙な運用業務にさよなら!いま自動化がアツい理由

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

2017.09.06

ビジネススピードを加速するIT基盤第3回

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

2020.06.18

IT&ビジネス最新ニュース第25回

サービスナウのCEOが語る「ワークフロー革命」

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

2020.06.02

IT&ビジネス最新ニュース第20回

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査