NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?
2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

著者 飛岡良明

 情報システム部門がDXを推進していくための「インフラ試験の自動化」は、どのように進めるのが良いのか。初回は、インフラ試験の自動化への挑戦と筆者が考えるメリット、2回目はインフラ試験の継続実行の必要性について述べてきました。

 ただ、インフラ試験の自動化の必要性、有用性は理解できたものの、実際に推進する段階でどのようにすればよいかわからず、Web上でも中々情報がなく困っている人も多いかと思います。

 今回は筆者が利用しているツールなどを通して、インフラ試験の自動化実現のための重要なポイントを紹介します。

インフラ試験自動化のためには、Pingツール、結果を可視化するツールが必要

 インフラ試験ではさまざまな観点でシステムの正常性などを確認しますが、その中でも大きな要素をしめるのは、正常性や切り替わり時間などを測定する疎通確認かと思います。そこではやはりPingでの確認が基本となります。

 慣れ親しんだPingとお考えになるかもしれませんが、自動化をすすめる上ではPingツールについてしっかり考える必要があります。

 今まで通りPingを実行しているだけでは、自動化のメリットを十分には得られません。第1回で述べたとおり、自動化試験のメリットの一つとして「人間が想定してなかった問題の発見」「多量の検証結果データの自動解析が可能」があります。これを実現するためには、Pingで十分な宛先が容易に管理でき、結果の解析が簡単になるように構造化された形で出力されることが重要になります。 

 システムというものは日々成長、変化しつづけるものです。その中で、自動試験でカバーしたい網羅的な試験を実施するには、Pingの宛先を管理するだけでも簡単なことではありません。皆さまも新しく追加された設備、VMなどが試験対象から漏れてしまっていたため試験できなかったなどの経験はないでしょうか。

 さらに、網羅的な自動試験の結果からは多量の結果が出力されるため、試験結果を解析するだけでも膨大な時間がかかってしまいます。これらが構造化されたデータとして出力されている場合、それらを可視化ツールなどに投入することにより、試験結果の問題点などを容易に発見できるようになります。

 筆者も試行錯誤を繰り返しながら、システム全体のリソースを管理するDB、連携するPing Toolを開発し、可視化ツールの導入などを進めたことが試験自動化を実現できた大きな要因の一つでした。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?