NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?
2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

著者 飛岡良明

インフラ系の試験を実施するためには専用の設備も必要

 インフラ系の試験ではどうしても専用の設備が必要となるケースが多くあります。例えば、「多量の負荷を与えた試験をしたい」「多量の通信をかけた状態で長時間安定するか試験をしたい」「レアなケースでの問題を発見するため、負荷を変えた状態で何度も試験を繰り返したい」などの場合、どうしても集中的な試験、そのための設備が必要となります。

 これらの試験は上記で述べた、一定のマシーンタイムを事前に確保した自動試験ではクリアできません。また、多量の負荷を与える方法、異なる配線でつながっている機能を試験する方法などの問題もあります。

 筆者の環境では、色々と検討をし、インフラテストの自動化、継続化はシステムの継続成長のために必須であると考えました。その結果、インフラ系テストだけを実施する、つまり他のアプリケーションが乗っていない環境(TestPodと呼んでいます)を個別に作成し、テストのためだけに必要なツールを導入することにしました。ただ、その際にも設備コスト、オペレーションコストの最適化を意識したツールを導入しています。

負荷発生装置

 インフラで十分な負荷をかけた試験をするためには負荷発生装置は欠かせません。ただ負荷と言っても、通信量としての負荷もあれば、経路数や収容数などの負荷も必要となります。色々と試験、検討をした結果、通信量の負荷試験は現在でも専用機器が好ましい、一方で経路数などの負荷であれば仮想アプライアンスなどで十分な負荷をかけられることがわかりました。

 このように一言で負荷装置といっても、どのような負荷が必要なのかを考え、コストが最適となるよう設計することが重要だと考えます。

配線切り替え装置

 インフラ系で集中的に試験をしたい環境を作ると言っても、必要なコンポーネントは多岐にわたります。例えばネットワーク機器単体での試験をしたい場でも、試験をしたいものは一つではないでしょうし、小さな系を組んで試験をしたい場合もあるかと思います。そのような時に、テストしたいもの全てを組み込んだ環境を作ってしまうと環境が大きくなりすぎて、設備費用が膨大となってしまいます。

 これらの対策として、試験をしたい時に配線を切り替えテストする環境を作るというやり方をやってきた人もいるかもしれません。しかし、設備費用は抑えることができる一方、「データセンターに常に人がいないといけない」「配線管理が非常に複雑になり、年々管理コストが高くなる」などオペレーションコストが非常に高くなってしまい、これもあまり上手くいきません。

 解決策として、リモートから配線を切り替えられる「光スイッチ」や「配線ロボット」のようなものが昨今出てきており、筆者はこの導入に踏み切りました。これにより、「現地の人がいらない」「配線状況がDBで管理できる」「物理配線はシンプルにできる」とオペレーションコストの大きな低減、自動化が実現できました。

エンジニアを繰り返し作業から解放しよう!すべてリモートで実行しよう!

 本連載では、ソフトウェアの世界で標準となっている試験の自動化、継続化をインフラシステムにも活用していくための必要性、有用性と、そのために何が必要化について述べてきました。これらにより、インフラとして要求される安定性、性能、運用の安全を維持しながら、エンジニアを繰り返しの作業から解放し、新しいチャレンジを進めていくことができるようになると考えています。

 そのためには、費用と効率性のバランスを考慮した上で、専用機器を使うところ、ソフトウェアを使うところのバランスが重要であり、オペレーションコストを避けるためには、人に依存せずにすべてリモートから実行できる準備をすすめることが重要とも述べました。

 この連載を通して、少しでもインフラ試験の自動化が進み、皆さまの開発速度・安定性双方を向上させるために少しでも参考になれば幸いです。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?