NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?
2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

著者 飛岡良明

エンジニアがAPIでの機器操作に慣れていない場合はどうするか?

 インフラ系のシステムの試験を自動化していくためには、インフラ設備の振る舞いを自動的に変更することが必須となります。最近の機器ではソフトウェア同様にAPIで操作できるものも増えていますが、古い機器や試験をするエンジニアがAPIでの機器操作に慣れていないことも多くあるかと思います。

 筆者はこれらの問題を解決するために、テストの自動化を目的に開発されている「ロボットフレームワーク *1」をもとに、社内で開発をしているインフラ系の試験に特化して拡張をしている「RENAT *2」を利用することで、各種機器をリモートから自動で設定変更できるようにしています。
*1 https://robotframework.org
*2 https://www.janog.gr.jp/meeting/janog41/program/sp4renat

インフラ試験自動化のために、どんな検証環境が必要か

 インフラ試験の中で実施したいものは、正常系の確認はもちろんのこと、性能が十分に出るのかを確認する「性能試験」や、障害時の動作が想定通りであるか、想定通りの時間で冗長系に切り替わるかなどを確認する「障害試験」などが挙げられます。

 これらの試験を自動化、更には継続的に実施していくにあたっては、ツール以外に試験をする環境についても考えないといけません。筆者の経験から、試験をする環境が問題となる理由は大きく二点あると考えています。一点目は「インフラ系の試験は、上で動いているあらゆるシステムの動作、試験に影響が出ることが多い」、二点目は「インフラ系の試験を実施するためには専用の設備も必要」となります。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?