NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?
2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

著者 飛岡良明

その手順が本当に現場で正しく動くと、自信を持って言えるでしょうか?

 最後に、開発現場だけではなく、システムの運用の現場にも目を向けて見ましょう。多くのシステム運用の現場では、はじめに述べたような「考えられる限りさまざまなケース」に関して「しっかり準備された、丁寧な手順書」が準備されているかと思います。たとえば、「主系システムの切り替え」「DR拠点切り替え」などの手順をお持ちではないでしょうか。

 ただ、その手順が本当に現場で正しく動くと、自信を持って言えるでしょうか。現場ではまだその手順を実施したことがなく、手順を作成したのがシステム構築前、検証実施、手順作成者もすでに現場から離れてしまっており、手順作成以降にシステムにも変更がはいっている可能性があるということはないでしょうか。筆者もそうしたケースでは、手順を信用しながら、正直ドキドキしながら作業を実施し、時には上手くいかないうことを経験しています。

 このような問題をなくすためには、今も動くことが確認できる手順が手元に存在することが重要だと考えます。インフラ試験を自動化することで、手順が昔に一度作られ、家宝のように大事に伝承されたものではなく、「先週も昨日も自動試験で正しく動いた」手順であることがわかれば、作業者も安心して、安全に作業できる環境となると考えています。

 今回は、何度実施しても同じ結果が得られ、それほど変更が多くは無いと思われるインフラ試験に関して、継続的に実施するためのメリットを「開発の柔軟性、開発速度の向上」「見えない変化への対応」「運用現場の安全性の向上」という3点から説明しました。

 それでは、これらを実現するためには何を準備すればよいのでしょうか。次回の最終回で説明します。

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

2021.06.09

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第38回

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」