NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?
2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

著者 飛岡良明

何も変わっていないようでも、「見えない変化」は起きている

 とはいえ、ここで挙げたのは、システム開発現場という、システムを作る側が何かしらの変更を行う場合の試験の継続利用における話です。積極的な変更がない場合には、インフラ試験の繰り返しは必要ないのでしょうか。

 結論を先にいえば、必要だと考えています。たとえそのような積極的な変更をしていない場合でも、昨今のような様々な変化が非常に大きい世の中では、システム開発者、運用者にとっても目に見えない変化は常におこっております。たとえば、特定のベンダーから購入した同じハードウェア製品を使い続けていても、実際に内部で利用されているデバイス(内部ストレージやCPUなど) や、それを制御するソフトウェアなどは変更されていることが多くあります。

 そうした利用者目線では見えない変更の結果、たとえば再起動時にかかる時間などが、微妙に変化することがあります。システム全体を安定運用していくためには、このような小さな変更がシステム全体の振る舞いに影響を与えないかを確認し、必要であれば対策を打つことが必要になります。

 更に、昨今さまざまなところで言われていますが、今後のシステムはますます仮想化、ソフトウェア化が進んでいき、このような「見えない変化」がより多くなっていくと考えています。

 このような「見えない変化」に対応していくためにも、インフラ試験を継続的に実施し、その影響を可視化していくことが今後ますます重要になると考えています。

SHARE

関連記事

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

2021.06.09

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第38回

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」