NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦
2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

著者 飛岡良明

3週間の試験が2日で完了できるようになる

 まず一番わかりやすい目的として挙げられるのは「検証時間の短縮」「品質の向上」です。

 試験の自動化により、今まで作業者が手順書を確認しながら一項目、一項目手動で行っていた試験を、ソフトウェアによって自動実施できるようになります。筆者の環境でも、人手で実施していた際には2,000項目、3週間ほどかかっていた試験が、2日ほどで実行完了できるようになり、大幅な検証時間の短縮が実現されています。

 また自動化することで、時間短縮以外にも品質を向上させることもできます。確かに、試験に熟練したエンジニアによる手動のテストでは、非常に高い精度での試験が実現できます。一方、現実問題としてはそのようなエンジニアがずっと同じ検証・試験を実施し続けることは難しく、作業者の習熟度による検証精度のブレは現場での大きな問題です。自動化を徹底することで、誰がいつやっても同じ試験ができるため、試験の品質は大きく向上します。

 他にも、自動化をすることで得られる品質向上のメリットとして、人間が当初想定していなかった問題の発見が挙げられます。自動化をすすめる中で、多量の検証結果データの自動解析もできます。その結果、人間が予想しなかったような問題(変更場所とは関係なさそうに思える場所への影響) を発見することが可能となります。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?