NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
DXの潮流、CDOの挑戦
2021.02.19

DXを加速させるITシステムの運用改革第35回

自社サービスにBoxを組み込む方法とは? NTTテクノクロスに聞く

著者 Bizコンパス編集部

鍵となる「クラウド上の同じ文書を確認する」という仕組みをどう構築するか?

 前述したように、ISO楽!はサービスを利用するユーザー企業がISMS関連の文書をクラウド上に保存し、その内容をNTTテクノクロスのコンサルタントがチェックするという形となります。この「ユーザーが文書を保存、その文書をNTTテクノクロスが確認する」という仕組みをどのように構築するかが開発のキーポイントとなりました。

 NTTテクノクロスの北畠國義氏は、当初はオープンソースのコンテンツ管理システムを利用するつもりだったと振り返ります。しかし、オープンソースのソフトウェアを改変した場合、どの部分を改変したのか、ソースコードを開示する必要があるため、この方法は断念せざるを得なかったといいます。

NTTテクノクロス株式会社
戦略ビジネス特区
主席コンサルタント
ISMS審査員補
北畠國義氏

 「ソースコードには我々のビジネスにかかわる部分やセキュリティに関する内容も含まれるため、開示は避けたいと考えていました。別の方法として、オープンソースプロダクトのソースコードに手を加えずにカスタマイズする『分離開発』という方法であれば、ソースコードの開示を避けられる可能性も考えましたが、その場合は工数が大きく膨らみます。最終的に、オープンソースとは異なる、別の方法を模索することになりました」

 新たなソリューションを探した結果、同社が最終的に選んだのがBox Platformでした。

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?