NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る
2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

著者 Bizコンパス編集部

はんこをデジタル化するだけでは意味はない

 村瀬氏は続けて、株式会社oricon MEが緊急事態宣言の解除後、全国のビジネスパーソンに対して行ったテレワークに関する調査結果を紹介しました。

 この調査によると、8割以上が「テレワークに賛成」と回答した一方、「このままテレワークを続けたい」と回答した人は、全体の4割以下にとどまっています。方針としては賛成するものの、具体的に実行する際には反対者が増える、いわゆる「総論賛成、各論反対」のような構図になってしまっています。

 テレワーク継続派・テレワーク反対派の理由を見ると、継続派は「移動がない、天候に影響されない」など、実利益が主な理由となっています。一方、反対派については、自宅業務環境が不十分、コミュニケーションの効率が低い、生活のリズムが取りにくい、運動不足になる……という理由があがっています。

テレワーク継続派・反対派が挙げた理由

 しかし村瀬氏は、反対派の意見の多くは、企業が従業員を支援したり、従業員自身がセルフマネジメントをすれば解決できると言います。

 「まだまだテレワークにおいて、改善できる領域はあります。ServiceNowが提唱する、ニューノーマル時代の『業務のモバイル化』とは、企業の挑戦領域です。自宅に居ようが、外出先に居ようが、オフィスに居ようが、常に業務に必要な情報やサービスが自分の隣にある状況、いわば人と情報、サービスが共存している状態を作ることにあります。

 コロナ禍では、日本社会特有の“はんこ文化”を問題視する声が多く上がりましたが、はんこを撤廃して電子化するだけでは、1つのプロセスをデジタル化したに過ぎません。業務プロセスをEnd to Endで整流化、自動化してUX(ユーザー経験)を向上させる取り組みとは、レベルが違います。

 目指すべきは、業務横断的なデジタル変革の先にある『業務のモバイル化』です。実現のためには従来の業務を見直し、仕事の進め方を根本的に考えていくことが必要になります」

SHARE

関連記事

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

2020.11.16

IT&ビジネス最新ニュース第78回

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

2020.11.13

新たなイノベーションはアジアから始まる第4回

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催