NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか
2020.08.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第29回

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

著者 Bizコンパス編集部

「CMP」なら同じインターフェースで、複数のクラウドを管理できる

 こうした機能を提供するツールが「Cloud Management Platform」(以下、CMP)です。吉本氏はCMPを「クラウド環境を管理するための統合ツール」だと説明し、主要な要件としてセルフサービス・インターフェイスを挙げました。

 「まず、IT担当者が自分自身でしっかり管理、操作できなければなりません。その上でプロビジョニングや課金情報のトレースができること、ガバナンスのために利用できるITサービスをカタログ化するための仕組みを備えていることも重要です」

 CMPの大きなメリットは、同一のインターフェースで各クラウドサービスを管理できる点です。たとえばコスト管理において、各クラウドサービスのポータルから情報を集め、Excelで集計してPowerPointで報告書を作成するといった作業は非常に手間がかかります。しかしCMPを使えば、一元的に各クラウドサービスで発生しているコストを集計できるため、容易に報告書を作成できます。

 「CMPを使えば、システムや部署ごと、あるいはアプリケーションごとにタグ付けを行うことで、その分類ごとのリソース配分やコストの状況を簡単に把握することが可能です」

SHARE

関連記事