NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」
2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

著者 Bizコンパス編集部

「企業DXを推進する」資格でもある

 松平氏は、ユーザー企業がServiceNowの導入後に、ServiceNowエデュケーションサービスで資格取得を推進し、運用管理を内製に切り替えるケースも増えていると説明します。

 「国内の資格取得者の約7割はSIerやベンダーといったパートナー企業ですが、残り3割はServiceNowを導入済み、あるいは導入検討中のユーザー企業です。背景には、IT運用をベンダー企業に任せきりにするのではなく、現状を適切に判断できるIT人材を自社で育てたいというニーズがあります。自前で開発、管理、運用などができるようになれば、IT部門主導で組織のDXも進めやすくなるからです」(松平氏)

 認定資格の取得で得られる効果(ServiceNow提供資料より)

 ユーザー企業がServiceNowを導入する際には、それをサポートするパートナー企業の資格取得数は重要な指標となります。それについては、ServiceNowのWebサイトで確認することが可能です。松平氏によると、近年資格取得数のペースは伸び続けているとのことです。

 「特に人気なのは、各プロダクト提供の基本となるCISです。CIS-ITSMのからチャレンジし、CIS-ITOM、CIS-CSMといった順に取得して、サービスの領域を拡大するケースが増えています。エンタープライズ規模のユーザー企業の場合、複数のプロダクトを並行的に導入されることが多いため、私たちとしては多くの認定資格をできるだけ効率的に取得し、競争力の強化につなげていただきたいと考えています」(松平氏)

 ServiceNowエデュケーションサービスは、ITエンジニアに新たなキャリアパスを提供し、企業のDX推進をサポートするものでもあります。ServiceNowに関わるすべての企業で今後注目すべきサービスといえるでしょう。

関連キーワード

SHARE

関連記事

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第11回

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第10回

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

2020.11.13

新たなイノベーションはアジアから始まる第4回

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方

2020.11.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第17回

NFLabs.に聞く「セキュリティのトップガン人材」の育て方