NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」
2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

著者 Bizコンパス編集部

「企業DXを推進する」資格でもある

 松平氏は、ユーザー企業がServiceNowの導入後に、ServiceNowエデュケーションサービスで資格取得を推進し、運用管理を内製に切り替えるケースも増えていると説明します。

 「国内の資格取得者の約7割はSIerやベンダーといったパートナー企業ですが、残り3割はServiceNowを導入済み、あるいは導入検討中のユーザー企業です。背景には、IT運用をベンダー企業に任せきりにするのではなく、現状を適切に判断できるIT人材を自社で育てたいというニーズがあります。自前で開発、管理、運用などができるようになれば、IT部門主導で組織のDXも進めやすくなるからです」(松平氏)

 認定資格の取得で得られる効果(ServiceNow提供資料より)

 ユーザー企業がServiceNowを導入する際には、それをサポートするパートナー企業の資格取得数は重要な指標となります。それについては、ServiceNowのWebサイトで確認することが可能です。松平氏によると、近年資格取得数のペースは伸び続けているとのことです。

 「特に人気なのは、各プロダクト提供の基本となるCISです。CIS-ITSMのからチャレンジし、CIS-ITOM、CIS-CSMといった順に取得して、サービスの領域を拡大するケースが増えています。エンタープライズ規模のユーザー企業の場合、複数のプロダクトを並行的に導入されることが多いため、私たちとしては多くの認定資格をできるだけ効率的に取得し、競争力の強化につなげていただきたいと考えています」(松平氏)

 ServiceNowエデュケーションサービスは、ITエンジニアに新たなキャリアパスを提供し、企業のDX推進をサポートするものでもあります。ServiceNowに関わるすべての企業で今後注目すべきサービスといえるでしょう。

関連キーワード

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

2021.05.19

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第65回

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

2021.04.28

いま求められる“顧客接点の強化”第33回

専門誌編集長が語る、コロナ禍でのコンタクトセンターのリアル

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

2021.04.23

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」