NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」
2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

著者 Bizコンパス編集部

「企業DXを推進する」資格でもある

 松平氏は、ユーザー企業がServiceNowの導入後に、ServiceNowエデュケーションサービスで資格取得を推進し、運用管理を内製に切り替えるケースも増えていると説明します。

 「国内の資格取得者の約7割はSIerやベンダーといったパートナー企業ですが、残り3割はServiceNowを導入済み、あるいは導入検討中のユーザー企業です。背景には、IT運用をベンダー企業に任せきりにするのではなく、現状を適切に判断できるIT人材を自社で育てたいというニーズがあります。自前で開発、管理、運用などができるようになれば、IT部門主導で組織のDXも進めやすくなるからです」(松平氏)

 認定資格の取得で得られる効果(ServiceNow提供資料より)

 ユーザー企業がServiceNowを導入する際には、それをサポートするパートナー企業の資格取得数は重要な指標となります。それについては、ServiceNowのWebサイトで確認することが可能です。松平氏によると、近年資格取得数のペースは伸び続けているとのことです。

 「特に人気なのは、各プロダクト提供の基本となるCISです。CIS-ITSMのからチャレンジし、CIS-ITOM、CIS-CSMといった順に取得して、サービスの領域を拡大するケースが増えています。エンタープライズ規模のユーザー企業の場合、複数のプロダクトを並行的に導入されることが多いため、私たちとしては多くの認定資格をできるだけ効率的に取得し、競争力の強化につなげていただきたいと考えています」(松平氏)

 ServiceNowエデュケーションサービスは、ITエンジニアに新たなキャリアパスを提供し、企業のDX推進をサポートするものでもあります。ServiceNowに関わるすべての企業で今後注目すべきサービスといえるでしょう。

関連キーワード

SHARE

関連記事

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

2021.09.15

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第69回

テーマは「社会・産業DX」、NTT Com「CDF2021」が描くDXのリアルとは

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?