NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?
2020.05.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第27回

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

著者 Bizコンパス編集部

経営層への説得材料にもなる

 最後に塩田氏は、「ISO/IEC 20000-1に準拠したITSMS認証は、経営層への説得材料にもなる」と話します。

「私はITSMSの取り組みを進める際には、ISO/IEC 20000-1からスタートして、行き詰ったらITILという辞典を引くことをおすすめしています。ITILを辞典とするならば、ISO/IEC 20000-1は教科書のようなものだからです。

 ITILに比べて、ISO/IEC 20000-1には短い言葉にエッセンスが閉じ込められており、直接的でわかりやすくなっています。たとえば、インシデント管理におけるインシデントの記録について、ITILではページを要した説明がありますが、ISO/IEC 20000-1では『インシデントは記録しなければならない』と簡潔にまとめられています。投資判断においても、やるべきことと成果が端的に書かれているため、経営層への説明にも有効です」

 as a Service時代を勝ち抜く新たなサービス展開、DX推進に向けて、ITSMSの構築・運用はビジネスの競争力を高めます。IT部門はその成果を社内外にアピールできる手段としても、ITSMS適合性評価制度の取得を検討するとよいでしょう。

※ITSMS適合性評価制度についての詳しい資料、案内はJIPDECのサイトと本制度の認定機関である一般社団法人情報セキュリティマネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)のサイトで公開されています。

関連キーワード

SHARE

関連記事

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

2021.04.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第39回

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは