NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?
2020.05.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第27回

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

著者 Bizコンパス編集部

ITSMS認証は、どんな企業が取得しているのか

 では、認証を取得するメリットにはどういったものがあるのでしょうか。まず国際規格に適合したITサービスの提供を「社内外に表明できる」ことだと塩田氏は説明します。

 「IT部門の取り組みを可視化して、社内の経営層、そして社外の顧客などにサービスの品質、信頼性をアピールできるようになります。継続的な認証審査により、サービス品質の向上や維持を図り、顧客の信頼にもつながるでしょう。海外では、この認証をITサービスの調達条件としている国や地域も存在します。いずれ日本国内でも、そのような制度が導入される可能性があります」(塩田氏)

 国内では現在、ITSMS認証は大手データセンターやISPなどのIT業界、金融業界などの幅広い企業・組織が取得しています。たとえば、JIPDEC発行のITSMSハンドブック「運用管理のお手本ISO/IEC 20000~事例から学ぼう~『ITSMS実践事例編』」で紹介しているように、海外で複数のサプライヤーと協業するNTTコミュニケーションズ株式会社では、1つのバックボーンでグローバル統一の運用を確立する指標としてISO/IEC 20000-1を採用。ITSMS認証を取得しています。

 「グローバルで事業を展開する企業の場合、ISO/IEC 20000-1を始めとする国際規格は共通言語になるため、国や地域によって運用を個別最適化しなくても良いのがメリットです」(塩田氏)

関連キーワード

SHARE

関連記事

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

2021.04.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第39回

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

2021.03.26

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第24回

「自由な組織が新しいビジネスを生み出す」というわけではない

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

2021.03.24

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第62回

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

セブン-イレブンの次世代データ利活用基盤を支えるネットワークとは

2021.03.23

DXを加速させるITシステムの運用改革第37回

セブン-イレブンの次世代データ利活用基盤を支えるネットワークとは

ビッグデータとは?基礎知識からメリット・事例まで紹介

2021.03.22

DX推進に必要なテクノロジー

ビッグデータとは?基礎知識からメリット・事例まで紹介

「ペーパーレスなどがDX」なら時代遅れ–ガートナーが警鐘

2021.03.22

IT&ビジネス最新ニュース第123回

「ペーパーレスなどがDX」なら時代遅れ–ガートナーが警鐘