NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

【重要】「Bizコンパス」サイトリニューアルのお知らせ
レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?
2020.05.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第27回

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

著者 Bizコンパス編集部

自社サービスを強化できる「ITSMS認証」とは?

 このような役割をIT部門が果たしていくために、ITSMを効果的に回す仕組みが「ITSMS」です。

 「ITILのベストプラクティスを参考にしてITSMSを構築・運用することで、ITサービスの見える化、コミュニケーション強化、ナレッジシェア促進、前向きな目標管理、ITサービスごとのコスト最適化、サービス品質の維持・向上といったメリットが得られます」(塩田氏)

 その成果として、IT部門は効率的かつ効果的に、より高品質なITサービスを提供できるようになると塩田氏は話します。

 「ITサービスマネジメントには“4つのP”という考え方があります。人(People)、プロセス(Processes)、製品・技術(Products)、パートナー(Partners)の4つの分野において、適切な対策を打つ必要があるというものです。

 たとえば、人であればプロセスの実現に必要な人材を確保し、役割と責任の所在を明確にする。製品・技術であれば、プロセスの効率的な実行や作業負荷軽減、ミス削減に向けて自動化を進めるためのツールを活用するなどです」(塩田氏)

 ITSMSがきちんと構築・運用されているかを証明するのが「ITSMS適合性評価制度」です。この制度は、ITSMSの国際規格であるISO/IEC 20000-1に基づいて構築・運用されているかを信頼できる第三者機関(審査機関)から評価を得られるものです。この制度の推進を行っているのが、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)のセキュリティマネジメント推進室になります。

関連キーワード

SHARE

関連記事

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

2021.08.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第42回

インフラ試験を自動化するために、どんな環境が必要なのか?

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

2021.04.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第39回

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは