NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?
2020.05.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第27回

レガシーシステムを「ITILを活用して刷新する」ITSMS認証制度とは?

著者 Bizコンパス編集部

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性を感じつつも、複雑化、ブラックボックス化した基幹系システム(レガシーシステム)が足かせとなっている企業は少なくありません。この課題を克服できない場合、DXの推進のみならず、2025年以降に最大年間12兆円の経済損失が生じる可能性があるとするのが「2025年の崖」です。

 そういった中で、企業のIT部門にはレガシーシステムを刷新し、自社ビジネスのDXに貢献する新たなシステム構築が期待されています。しかし、基幹系システムの刷新は大がかりなプロジェクトで失敗も許されません。

 このような難易度の高いミッションを抱えるIT部門の「道しるべ」となるのが、ITサービスマネジメント(ITSM)のベスト・プラクティスをまとめた世界的フレームワーク「ITIL」とその考え方を取り込んだ国際規格「ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)」の構築・運用です。

 DXにむけたシステム刷新に取り組むため、IT部門は「ITIL」「ITSM」「ITSMS」をそれぞれどのように理解し、活用していけばよいのでしょうか。一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)ITSMS専門部会主査の塩田貞夫氏が解説します。

「持たずに使う」as a Service時代に求められるものとは

 「昨今、ITSMが注目されている理由は、ビジネスにおけるサービスの在り方が『購入して使う“モノ(製品)売り”』から、対価を支払って『持たずに使う“サービス”』へと急速に変化しようとしているためです。

 顕著な例が、ディスラプターと呼ばれる革新的企業です。彼らの共通点は、モノではなくコト(価値体験)をサブスクリプションサービスとして提供することで、従来のビジネスモデルを根底からくつがえし、成長を遂げています。

 今やDXの波は、あらゆる業界に及んでいます。ITが関わらないサービスを探す方が難しいことを考えると、これからのビジネスでは、サービスとITサービスはほぼ同義となるでしょう。その証拠に、モノづくりを始めとする多くの日本企業が、ITを起点としたビジネスの転換を求められています。自動車メーカーにおけるMaaSなどは典型例です」(塩田氏)

 ここで重要な役割を担うのが、企業のIT部門です。塩田氏は、従来のIT部門はITSMをITシステムの開発・運用に限定しているケースが多かったものの、これからは従来の開発・運用という役割だけでなく、自社のビジネスを理解し、成長に応じたITサービスの提供が求められていくといいます。

 「約束したレベルのサービスを提供する、改善を重ねる、結果としてコスト削減につなげる。これからのIT部門は、この3つの取り組みをPDCAで回していく仕組みづくりが必要になるのです」(塩田氏)

関連キーワード

SHARE

関連記事

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第11回

「DX人材」に必要なキャリアとスキルとは?エバンジェリストが解説

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

2020.12.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第10回

エバンジェリストが回答!DXを阻むサイロ化をどう解決すればいいのか

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

2020.11.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第13回

DXは技術だけでは進まない!必要なのは「デジタルガバナンス」

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

2020.11.26

IT&ビジネス最新ニュース第82回

コロナ禍でもデジタル志向企業のIT投資は衰えず–ITR調査

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

2020.11.16

IT&ビジネス最新ニュース第78回

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表