NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報
2020.05.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第26回

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

著者 Bizコンパス編集部

 SaaS型ITプラットフォーム「ServiceNow」は、ビジネスプロセスをワークフローとして可視化・自動化できる点、統一されたデータベースを広範な業務に適用できる柔軟性などが支持され、世界中の企業で採用が進んでいます。

 もちろん日本国内での導入も徐々に拡大していますが、残念ながらいくつかの課題があり、そこまで普及が進んでいないようです。

 今回は、ServiceNowを導入して業務をDX化していくうえで、どのような課題があるのか、その課題の解決法があるのかについて紹介します。

日本は世界から“DX後進国”ととらえられている

 2019年6月にServiceNowが行った「業務自動化に関する国際調査」によると、日本は他国に比べてデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進で遅れを取っているという結果が出ています。

 たとえば「過去3年間に自身の業務や業務プロセスに自動化が導入された」という回答においては、調査対象の国・地域の中で日本が最も低い割合となっています。さらに、業務プロセスについて「手作業に頼っている」、あるいは「極めて手作業に頼っている」と回答した人の割合も、やはり日本がワースト1となっています。

 これらの要因となっているのは、日本の従業員の多くが業務のDX化がもたらす“変化”を恐れていることにあるようです。

 調査では「DXによって仕事のやり方を変える必要がある」「DXによって新しいスキルやプロセスを習得する必要がある」ことを懸念する回答の数が、日本では世界平均よりも大きく上回る結果となりました。いままでのやり方を変えたくないという、きわめて保守的で慎重な考え方が、働き方改革を推進するDXの妨げとなっているのです。

 ここで浮き彫りになった課題は、技術ではなく“人”に関するものであり、その有効な対策としては、従来のマネジメントの手法を変えることや、経営層が陣頭指揮を執って組織ぐるみの意識改革に取り組むことが考えられます。

SHARE

関連記事

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

2021.06.11

いま求められる“顧客接点の強化”第36回

JALは新しいナレッジシステムで、次世代のコンタクトセンターを目指す

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

2021.06.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第67回

早大IT戦略研究所 根来龍之氏 「日本の大企業だけがDXに後れを取っているわけではない」

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

2021.06.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

2021.05.28

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条

2021.05.27

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第28回

新規事業立ち上げ時に考えるべき4箇条