NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

アラートメールが止まらない!疲弊した現場を「システム監視の自動化」で変える
2020.04.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第22回

アラートメールが止まらない!疲弊した現場を「システム監視の自動化」で変える

著者 Bizコンパス編集部

自動化するのにも労力がかかる

 このような、人手に頼り切った運用の問題を解決するのは、人手を介さない「監視の自動化」の導入でしょう。

 もちろん、自動化するためには、そのための準備が必要になります。最初に取り組むべきは、言語やルールの異なる複数システムのデータを集約し、1つのデータベースで統合的に管理して可視化を図ることです。

 その際、社内システムの状況をリアルタイムに把握できる「構成管理」という仕組みづくりが重要になります。構成管理とは社内システムを構成するハードウェアやソフトウェア、ネットワーク、サーバー、ライセンス、契約書などの要素(CI)および、組み合わせ情報(各CIとの関係性)を最新状態に保つためのプロセスです。構成管理のすべての要素は「CMDB(構成管理データベース)」の利用で効率的に管理できます。

 CMDBにより社内システムのデータを集約し、一元的に可視化できるようになったら、次はCMDBに適した監視サービスを紐づける作業が発生します。たとえシステムの全容が可視化できたとしても、リアルタイムな監視ができなければ意味はありません。加えて、監視サービスで検知したシステムの故障や変更を、インシデント管理、問題管理、変更管理などのプロセスに連動させる必要もあります。

 このように、手作業によるアラートメールの監視を自動化するためには、そのための仕組みを新たに構築する手間も発生することになります。

SHARE

関連記事

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

2019.11.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第16回

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

2021.06.30

セキュリティ対策に求められる新たな視点第25回

読者アンケートからわかった企業のセキュリティの課題とその対策とは

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

2021.05.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

2021.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第38回

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

テレワーク化でビジネススピードを加速させる!ServiceNow活用術

2021.03.10

DXを加速させるITシステムの運用改革第36回

テレワーク化でビジネススピードを加速させる!ServiceNow活用術

テレワークの不安を解消する、ゼロトラストの“組み合わせ”はこれだ!

2021.03.05

セキュリティ対策に求められる新たな視点第23回

テレワークの不安を解消する、ゼロトラストの“組み合わせ”はこれだ!

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

2021.02.09

セキュリティ対策に求められる新たな視点第22回

ビッグデータ基盤をセキュリティ対策として使う方法とは

暗号化ZIPをメールで添付する方式の何が問題か?

2021.02.02

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座第25回

暗号化ZIPをメールで添付する方式の何が問題か?

SaaS利用によって生じる課題をワンストップで解決する方法がある

2021.01.27

DXを加速させるITシステムの運用改革第34回

SaaS利用によって生じる課題をワンストップで解決する方法がある