Bizコンパス

アラートメールが止まらない!疲弊した現場を「システム監視の自動化」で変える
2020.04.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第22回

アラートメールが止まらない!疲弊した現場を「システム監視の自動化」で変える

著者 Bizコンパス編集部

自動化するのにも労力がかかる

 このような、人手に頼り切った運用の問題を解決するのは、人手を介さない「監視の自動化」の導入でしょう。

 もちろん、自動化するためには、そのための準備が必要になります。最初に取り組むべきは、言語やルールの異なる複数システムのデータを集約し、1つのデータベースで統合的に管理して可視化を図ることです。

 その際、社内システムの状況をリアルタイムに把握できる「構成管理」という仕組みづくりが重要になります。構成管理とは社内システムを構成するハードウェアやソフトウェア、ネットワーク、サーバー、ライセンス、契約書などの要素(CI)および、組み合わせ情報(各CIとの関係性)を最新状態に保つためのプロセスです。構成管理のすべての要素は「CMDB(構成管理データベース)」の利用で効率的に管理できます。

 CMDBにより社内システムのデータを集約し、一元的に可視化できるようになったら、次はCMDBに適した監視サービスを紐づける作業が発生します。たとえシステムの全容が可視化できたとしても、リアルタイムな監視ができなければ意味はありません。加えて、監視サービスで検知したシステムの故障や変更を、インシデント管理、問題管理、変更管理などのプロセスに連動させる必要もあります。

 このように、手作業によるアラートメールの監視を自動化するためには、そのための仕組みを新たに構築する手間も発生することになります。

SHARE

関連記事

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

2019.11.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第16回

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

2020.06.02

IT&ビジネス最新ニュース第20回

DevSecOpsの現状、開発チームの役割に変化–GitLab調査

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

2020.05.29

DXを加速させるITシステムの運用改革第28回

ServiceNow教育プログラムは「自社でITSMスペシャリストを育てられる」

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

2020.05.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第26回

「ServiceNow」を使いたかったけどインターネット接続が不安という企業に朗報

「スマホ窃盗」から身を守るための対策とは

2020.04.13

セキュリティの“盲点”第2回

「スマホ窃盗」から身を守るための対策とは

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

2020.04.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第38回

中部電力とNTT Comはどうやって点検データを「見える化」したのか

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

2020.04.03

DXを加速させるITシステムの運用改革第20回

AWS導入を成功させるには、3つのフェーズの攻略がカギ

セミナー・イベント情報

もっと見る

こちらを見るには
会員登録が必要です