NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる
2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

著者 Bizコンパス編集部

ServiceNowを日本市場向けにパッケージしたサービスがある

 ServiceNowの導入にあたっては、事前に留意すべきポイントがあります。それは海外のサービスであるがゆえに、国内企業が導入するには納期やコストなどのハードル存在することです。このハードルが障壁となり、導入を踏みとどまる企業も少なくありません。

 このようなServiceNowの導入障壁をクリアするサービスが、NTTコミュニケーションズの「Global Management One ITSM Platform」(以下、ITSMプラットフォーム)です。

 ITSMプラットフォームでは、ServiceNowを日本企業向けに最適化し、汎用的なプラットフォームを構築します。さらに、企業ごとのニーズに応じて、Service Nowのサービスを切り分けて利用できます。つまり、手軽かつリーズナブルかつ簡単にServiceNowを導入できるサービスといえるでしょう。

 ITSMプラットフォームではもちろん、ServiceNowの強みの一つであるCMDBも利用できます。構成管理に必要な要素を自動収集し、データベースに保管・管理。システムが更新したことや新たなツールが追加されたこと、OSやアプリケーションがアップデートされたことを自動的に追従することで、極めて効率的で手のかからない構成管理が可能になります。

 先に挙げたA社も、このITSMプラットフォームを導入。従来はバラバラだった管理手法が、単一データモデルで管理できるようになり、プロセスが標準化されました。さらに、データを変更・修正した場合は、ITSMと連携し、常に最新の情報を自動的に更新します。

 これらにより、パッチ適用や障害などが発生した際も、その影響を分析する作業がスムーズになるため、速やかにインシデント対応ができるようになったといいます。

 机をきれいに片づけることは、日々のモチベーションアップにつながります。ITシステムも同じです。CMDBでITシステムの構成要素をきちんと整理整頓することで、業務のモチベーションアップにもつながり、ひいては業務効率化にも効果をもたらすでしょう。まだ導入していない企業は、取り組んでみてはいかがでしょうか。

SHARE

関連記事

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第18回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

2020.08.05

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第5回

With/Afterコロナの時代に、オフィスは不要か? 必要か?

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第27回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?