NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる
2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

著者 Bizコンパス編集部

ServiceNowを日本市場向けにパッケージしたサービスがある

 ServiceNowの導入にあたっては、事前に留意すべきポイントがあります。それは海外のサービスであるがゆえに、国内企業が導入するには納期やコストなどのハードル存在することです。このハードルが障壁となり、導入を踏みとどまる企業も少なくありません。

 このようなServiceNowの導入障壁をクリアするサービスが、NTTコミュニケーションズの「Global Management One ITSM Platform」(以下、ITSMプラットフォーム)です。

 ITSMプラットフォームでは、ServiceNowを日本企業向けに最適化し、汎用的なプラットフォームを構築します。さらに、企業ごとのニーズに応じて、Service Nowのサービスを切り分けて利用できます。つまり、手軽かつリーズナブルかつ簡単にServiceNowを導入できるサービスといえるでしょう。

 ITSMプラットフォームではもちろん、ServiceNowの強みの一つであるCMDBも利用できます。構成管理に必要な要素を自動収集し、データベースに保管・管理。システムが更新したことや新たなツールが追加されたこと、OSやアプリケーションがアップデートされたことを自動的に追従することで、極めて効率的で手のかからない構成管理が可能になります。

 先に挙げたA社も、このITSMプラットフォームを導入。従来はバラバラだった管理手法が、単一データモデルで管理できるようになり、プロセスが標準化されました。さらに、データを変更・修正した場合は、ITSMと連携し、常に最新の情報を自動的に更新します。

 これらにより、パッチ適用や障害などが発生した際も、その影響を分析する作業がスムーズになるため、速やかにインシデント対応ができるようになったといいます。

 机をきれいに片づけることは、日々のモチベーションアップにつながります。ITシステムも同じです。CMDBでITシステムの構成要素をきちんと整理整頓することで、業務のモチベーションアップにもつながり、ひいては業務効率化にも効果をもたらすでしょう。まだ導入していない企業は、取り組んでみてはいかがでしょうか。

SHARE

関連記事

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第18回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

2020.10.02

「教育」をデジタルで変える第1回

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

2020.09.16

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

2020.08.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第30回

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか