NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる
2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

著者 Bizコンパス編集部

複数の引き出しでバラバラに管理していたけれど、1つにまとめよう

 こうしたITシステムのトラブルの原因は、構成情報の収集や更新にかかる、多大な稼働にあります。それらを大幅に軽減する有効な手段となるのが、冒頭でも触れた「CMDB」です。

 ITシステムは、ハードウェアやソフトウェア、ネットワーク、サーバー、ライセンス、契約書などの要素(CI)、組み合わせ情報(各CIとの関係性)で構成されますが、CMDBは、これらを最新状態に保つためのプロセスとなります。

 つまりCMDBとは、これまで複数の引き出しで管理していた要素を1つの引き出しに集約し、すべての要素を最新の状態に維持できるというものです。

 CMDBは、いきなりゼロベースから構築することは容易ではありません。なぜならCMDBはITIL (ITサービスマネジメントにおける成功事例をまとめたガイドライン)の中核的な役割を担っており、構築にあたっては少なからずITILの知識の習得が必要なためです。

 速やかに導入したいのであれば、あらかじめITILのルールに準拠したCMDBをサービスとして利用する方法が良いでしょう。

 たとえば、SaaS型ITサービスマネジメントプラットフォーム「ServiceNow」は、ITILに準拠したCMDBを提供する代表的なサービスです。特に社内IT運用プロセスの効率化や見える化に貢献するITSM(ITサービスマネジメント)の用途において評価が高く、全世界で急激にシェアを拡大しています。これからCMDBを実装するのであれば、最初に検討すべきサービスといえるでしょう。

SHARE

関連記事

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第18回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

2020.10.02

「教育」をデジタルで変える第1回

“集まれない”入学式をライブ配信、公立中学校の挑戦に迫る

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

2020.09.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第48回

“従業員への信頼”から始まるNTT ComのSmart Workstyleとは

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

2020.09.16

共創によるビジネスイノベーション第3回

サイボウズの「100人100通り」の働き方はどうやって生まれたのか

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

2020.09.02

いま求められる“顧客接点の強化”第30回

テレワーク化したコンタクトセンターは、コロナにも震災にも負けなかった

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

2020.08.28

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第7回

製造業の現場は、オンラインのみで成り立つのか?

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか

2020.08.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第30回

6割超の企業がマルチクラウド。どのように管理すべきなのか