NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?
2020.04.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第21回

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

著者 Bizコンパス編集部

 三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、世界約90の国・地域に広がる拠点と約1,500の連結事業会社と協業しながらビジネスを展開している会社です。

 同社では、今後も国内外でビジネスを継続していくためには、激しい環境変化にタイムリーに対応できるスピード感と、優れたコストパフォーマンスを備えたIT基盤が必要であったといいます。

 そこで同社は、新しいIT基盤の構築に着手します。三菱商事が選んだ新しいIT基盤とは、どのようなものなのでしょうか? 導入までには、どのような苦労があったのでしょうか?同社ITサービス部長の安藤啓吾氏と、ITサービス部 ITインフラチームリーダー 次長の三浦 弘晶氏に話を聞きました。

【三菱商事株式会社について】

 世界約90の国・地域に広がる拠点と約1,500の連結事業会社と協働しながらビジネスを展開。天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制で、幅広い産業を事業領域としており、貿易のみならず、パートナーと共に、世界中の現場で開発や生産・製造などの役割も担っている。

従来のシステムのままでは、ビジネスの激しい変化に耐えられない

 三菱商事では現在、「事業投資」から「事業経営」へビジネスモデルの転換を図っており、事業会社との協働に向け、従来のグローバルIT基盤を更改することが急務になっていました。

「国内外事業会社を含め三菱商事グループを取り巻くビジネス環境が急速に、また激しく変化している中、それら変化にタイムリーに対応できるスピード感、国内外事業会社を含むグループ全体への展開も見据えた、コストパフォーマンスに優れているグローバルなIT基盤を構築することが求められていました。

 一方で私たちITサービス部門においてはセキュリティ対応業務の増加も課題でした。事業継続のためには、常に最新の脅威の検知とタイムリーな対応が求められますが、IT運用の稼働負荷への取り組みを大きな課題としてとらえていました」(安藤氏)

 そこで同社では従来の「自前主義」からの脱却を決断。約90の国・地域に広がる拠点のグローバルネットワークの更改を契機に、IT基盤の「持つ」から「使う」方針への転換を図るとともに、スピードとコストを兼ね備え、求められる機能やセキュリティを兼ね備えた新しいIT基盤の構築に着手します。

 同社ITサービス部の三浦弘晶氏は、新たなグローバルネットワーク選定にあたって必要な要件として、「スピード」「コスト」「セキュリティ」に加え「本店による一極集中管理」を挙げました。

「従来は、ネットワークをはじめとしたIT基盤の運用管理は、各国、各地域のIT部門の裁量で行っていました。しかしこれでは万一インシデントが起きた際に、的確な指示が出せないおそれがあります。そこでネットワークの更改を機に、IT基盤の一極集中管理を実現することで、インシデント対応を含むグローバルガバナンスの強化を狙いました」

SHARE

関連記事

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

2019.04.10

ビジネススピードを加速するIT基盤第20回

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

2017.02.17

スピード経営に求められるIT基盤とは

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

三菱電機の海外事業強化の鍵、ハイブリッドクラウド

2017.02.10

働きやすさの向上を図るグローバルICT基盤を構築

三菱電機の海外事業強化の鍵、ハイブリッドクラウド

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

2020.10.02

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第8回

データからビジネスを生む「データイネーブルメント」とは

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている

2020.09.30

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第50回

都市課題をデジタルツインで解決する時代がすぐそこまで来ている