NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?
2020.01.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第18回

マルチクラウドの活用に必要なクラウドマネジメントとは?

著者 Bizコンパス編集部

クラウドマネジメントでクラウド活用を更に推進

――マネジメントという観点ではコスト管理の難しさも耳にします。そうした点はいかがでしょうか。

徳永:ご指摘のように、クラウドのコスト管理を適切に行うのは容易ではありません。
クラウドを導入したものの思ったよりもコストが削減できていない、というケースでは、無駄なリソースが使われていないかを把握したいという要望がでてきます。また、どの組織がどれだけ負担するのか、費用の配分方法に頭を悩ませているお客さまもいらっしゃいます。マルチクラウド環境のリソースやコストの状況を可視化するツールや、社内の請求処理を自動化するようなツールも出てきていますので、こうしたツールを活用して効率化を推進していくことも、クラウドマネジメントの重要な要素の1つになります。

――ありがとうございます。本日ご紹介いただいたクラウドマネジメントですが、具体的にはどのような効果が期待できるでしょうか?

徳永:前半で紹介させて頂いた事例を元にお話しますと、事例Aでは構成管理を行うことで、事業部によらず全社のクラウドリソースを一元的に把握可能となり、インシデント対応やセキュリティ対策を抜け漏れなく実施する環境を実現することが出来ました。

小坂:事例Bでは、新たなクラウドリソースの申請から払い出しまで、数日掛かってしまっていましたが、申請フローとデプロイ作業の自動化により、数時間で完了するといった効率化を実現出来ています。

――最後に、NTT Comではこうしたクラウドマネジメントの課題に対し、どのようなサポートを行っていくのか、聞かせて下さい。

小坂:昨今話題となっているDXを推進する上で、クラウドの活用は欠かせません。しかし、インフラの運用管理の側面から言えば、クラウドの利用によってIT環境はめまぐるしく変化することになります。これからはそうした状況にも柔軟に対応し、サービス品質を向上していくためのクラウドマネジメントが求められると考えています。

徳永:我々NTT Comでは、これまで取り組んできたクラウドマイグレーションに加えて、クラウドマネジメントの取り組みも更に強化していきます。お悩み事がありましたら、ぜひご相談ください。

SHARE

関連記事

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり

2020.01.22

これからの時代に求められるデータ利活用第2回

「2025年の崖」を飛び越える鍵は“データの連携”にあり

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

2019.10.25

ビジネススピードを加速するIT基盤第22回

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

2020.07.29

いま求められる“顧客接点の強化”第28回

最短10営業日で構築可能な「在宅コンタクトセンター」とは?

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

2020.07.22

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第29回

Box社に聞く「オンラインがメイン、オフィスがサブ」の働き方とは?

マルチクラウドを安全かつ快適に利用する方法とは

2020.05.07

これからの時代に求められるデータ利活用第3回

マルチクラウドを安全かつ快適に利用する方法とは

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける

2020.05.01

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第4回

「2025年の崖」ではシステムの選び方が成否を分ける