Bizコンパス

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」
2019.11.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第16回

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

著者 Bizコンパス編集部

 ビジネスシーンでは、面倒くさいけれどやらなければならない「定型業務」が発生します。しかし、定形業務が多かったり、複雑だったりすると、担当者の稼働が圧迫され、本来取り組むべき付加価値が高い仕事が疎かになってしまいます。

 このような煩雑な定型業務を変える存在として、いま注目されているのが「ServiceNow」です。

 2019年10月16日(水)に開催された、ServiceNow主催のイベント「Now at Work Tokyo」では、ServiceNowの導入により業務を効率化した、日本企業の導入事例が数多く紹介されました。

 今回は同イベントで行われた、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)の講演「社内活用事例(入社手続きの自動化)とお客様向け新マネージドサービス(ServiceNow Secured over VPN)のご紹介」、および楽天株式会社(以下、楽天)の講演「RPAプラットフォームへのITSM活用事例」をピックアップします。

 両社はServiceNowの導入でどんな課題を解決したのでしょうか。キーワードは「自動化」です。

煩雑な入社手続きが、社員のモチベーションを下げていた

 NTT Comは、正社員・契約社員、約30,000名が利用するオンボーディング(入社手続き)システムを利用していますが、従来の入社手続きでは、数々の問題が生じていたと、同社システム部の四辻允生氏はいいます。

「入社にあたり必要な手続きのほとんどが紙ベースで行われていたため、多くの手間と時間を要していました。さらに、入社手続きに関するシステムも一本化されていなかったため、連携ミスがたびたび起きていました。

 そのため『入社日までにPCの調達が間に合わない』というようなモチベーションを低下させる事態も散見されました」

 四辻氏は、そのような入社手続きに関する問題点を把握しつつも、解決に踏み切れない状況にあったと説明します。

「システム部ではほかの社内課題を抱えており、そこまで手を回すことはできなかったというのが実情です。そこで社内のさまざまな領域で活用が進んでいたServiceNowを使えないかと考えました」

 この課題に対し、NTT Comが導入したサービスは「ServiceNow HRSD」。いわゆる人事に関するサービスデリバリーを自動化するツールです。豊富なテンプレートが用意されており、効率的かつリーズナブルに開発ができることが選定理由になりました。

「私たちにとってチャレンジだったのは、開発体制をこれまでのウォーターフォールからアジャイルに切り替えたことです。日本では、ServiceNow人事サービスデリバリーの導入事例がなかったため、ServiceNowとアジャイル開発のナレッジ収集に一定の時間は要しましたが、およそ5カ月という短期間で30,000人が利用する大規模システムがリリースできたことは大きな収穫です」(四辻氏)

 ServiceNow HRSDの導入によって、NTT Com には3つのメリットがもたらされました。

「1つ目は紙で対応していた入社手続きが、いつでもどこでもスマートフォンやタブレットPCで手軽にできるようになったことです。2つ目は、複数システムを統合したことで間接稼働が削減でき、進捗も見える化できたこと。これにより、入社手続きに要していた時間が劇的に短縮されました。3つ目は開発者目線になりますが、必要最小限のリソースでのアジャイル開発が非常にうまく回ったことが、今後の自信につながりました」(四辻氏)

 今後、NTT Comではオンボーディングシステムのグループ会社への利用拡大、さらに入社手続きのみならず、社内申請などを集約した社内ポータルの活用などを計画しているといいます。

SHARE

関連記事

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第14回

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

2019.06.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第6回

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

2020.03.27

いま求められる“顧客接点の強化”第24回

音声認識とAIで「新人が即戦力になる」コンタクトセンターとは

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

2020.03.27

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第36回

京セラはなぜ「AI翻訳」の全社一斉導入を決めたのか

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

2020.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第19回

バラバラなITシステムは、ServiceNowのCMDBで効率的に管理できる

人材業界のディスラプトをリードするパーソルのDX戦略

2020.03.25

パーソルホールディングス株式会社

人材業界のディスラプトをリードするパーソルのDX戦略

「オフィス移転」は、働き方改革を進める大チャンス

2020.03.24

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第11回

「オフィス移転」は、働き方改革を進める大チャンス

無駄な単純作業「交通費の申請・承認」をスパッと削る方法

2020.03.24

失敗する働き方改革、成功する働き方改革第10回

無駄な単純作業「交通費の申請・承認」をスパッと削る方法

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第4回

「熟練の技を学ばないと、AIはどんどん馬鹿になる」中京大・輿水名誉教授

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

2020.03.18

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第3回

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている

2020.03.13

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第35回

デロイト トーマツ グループは“AI翻訳”で業務改善を進めている