Bizコンパス

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」
2019.11.20

DXを加速させるITシステムの運用改革第16回

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

著者 Bizコンパス編集部

楽天はオペレーション業務をどう「自動化」していったのか

 楽天が導入したのは、ServiceNowのITSMおよびITOMです。導入にはServiceNowのコンサルから助力を受けますが、導入後はRPAと同様、自力で行うことを目標にしています。

 同社のServiceNowの導入フェイズは3つに分けられ、現在はフェイズ1が完了し、フェイズ2が進行中です。

「今までのRPA実装のプロセスは、ユーザーがロボット開発を終えた段階でリリースのリクエストを行い、これを受けたオペレーターが状況を確認しスケジュールを設定、運用をスタートしていました。

 フェイズ1では複数の開発・稼働基盤、アプリケーションといった構成要素を一元管理して、オペレーターの稼働を軽減しました。現段階ではここまで完了しています」(内藤氏)

 現在進行中のフェイズ2では、複数のツールをサービスポータルに集約し、RPAに関する情報を一覧できる環境を構築しています。これにより、従来オペレーターが手作業で行っていたスケジュール管理が自動化できます。

 そして、フェイズ3ではイベント管理に加え、全体的なロボット運用の自動化を目指しています。

「現在見込んでいる効果としては、まずオペレーターの稼働を削減すること。次に自動化により人為的なミスをなくし、運用品質を高めることです。

 今後は、世界中で利用されているスタンダードツールであるServiceNowを活用することで、運用の標準化を進めていく予定です。将来的には手動のリリース管理などもServiceNowで自動化し、さらなる効率化を図っていく計画です」(内藤氏)

 NTT Comと楽天では、いずれのケースでも定型業務が複数のシステムに跨って運用されていたため、オペレーション負荷が増加していました。両社はこの課題解決のためにServiceNowを導入、業務効率化を成功させています。

 今回紹介した事例のように、事業展開に合わせたスピード感あるオペレーションを望む場合、ServiceNowは有効な選択肢の1つといえるのではないでしょうか。またセキュアな環境でServiceNowが利用できるソリューションも誕生しており、今後の動向にも注目です。

SHARE

関連記事

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第14回

「2025年の崖」はServiceNowで乗り越える。「Now at Work Tokyo」レポート

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

2019.06.21

DXを加速させるITシステムの運用改革第6回

情シスの仕事が変わる!最新トレンドはワークフローのデジタル化

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

2020.07.10

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第42回

欧州発データ流通基盤「GAIA-X」に見る、With/Afterコロナ時代のデジタル戦略の進め方

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

2020.07.08

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第1回

ニューノーマル時代は、時と場所を超えたコミュニケーションが定着する

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第28回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート

2020.06.24

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第41回

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート