NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?
2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第13回

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

著者 Bizコンパス編集部

うまく使うコツは「何でもできるServiceNowで何をするのか」を明確化すること

 横河電機ではさらに、ServiceNowを他サービス、他部門への展開を計画しているといいます。

「プロジェクトの成果は、情報システム部門のデジタル戦略本部にも伝わっており、ライフサイクルサービス事業部内でも“横展開するように”と、言われています。現状の運用基盤の開発フェイズと並行して、すべてのソリューションサービスの契約管理をServiceNowに集約するよう計画中です」(野田氏)

「24時間365日のフルタイム対応に向け、担当拠点のスタッフを交えて運用を回していく仕組みを考えています。さらに、チャットボットによる自動応対など、より良いサービスに向けた取り組みも進めていきます」(門脇氏)

 普段はVPSRemoteとは別サービスの開発・運用を担当している山田哲也氏は、今回のプロジェクトは途中からの参加でしたが、ServiceNowの使いやすさを体感したといいます。

「私が担当するサービスにもServiceNowを組み組み込んでいく予定です。業務プロセスの自動化により作業効率、サービス品質がアップできることは大きな魅力だと思っています」

 最後に野田氏は、ServiceNowを上手に使うコツとして、ServiceNowに“頼りっきり”にするのは良くないと指摘します。

「“ServiceNowを使えば、なんでもできる”というイメージを持っている人は多いでしょう。ただ、それをやろうとすると、相応の手間も、コストも必要になります。

 ServiceNowはソリューションとして優れた商品ですが、定期的にバージョンアップが行われます。導入には、ServiceNowの“あるがまま”で利用する部分と、自社として独自に作りこむ機能との線引きがポイントになると思います。

 まずはServiceNowの導入によって、何を解決したいのか。その課題を見極めたうえで活用してみることが、良い結果につながるのではないかと考えています」

SHARE

関連記事

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

2018.06.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第2回

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

2019.10.04

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第2回

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

2019.09.26

人事部門もデジタル化できる

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

2020.11.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第54回

新ビジネスはSDGsから生まれる!エバンジェリストが解説

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは