NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?
2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第13回

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

著者 Bizコンパス編集部

海外顧客への対応が、「半日」から「瞬時」に

 同社はさっそく、VPSRemoteのサービス運用基盤をServiceNowに変更する取り組みをスタート。成果はさっそく出ているようで、特に開発速度はかなり早くなっているようです。同社ではわずか4ヵ月で第1フェイズの開発を完了し、PoCによる検証も終え、本格開発に着手しているといいます。

「開発に必要な工数や期間は、これまでの半分以下になり、圧倒的にスピードアップしています。ServiceNowが標準で提供するモジュールの汎用性の高さのおかげです。

 加えて、NTT Comによるプロジェクトマネジメント力による好影響も出ています。こちらが要件を伝えると、カスタマイズが必要かどうか、瞬時にジャッジしてもらっています」(寺島氏)

「本格導入されれば、オーダーを取りまとめたライセンス付与、問い合わせメールへの返信などが自動化できます。人為的なミスも減り、対応業務の稼働は、従来の半分以下に抑えられるはずです」(宮岡氏)

 野田氏は、ServiceNowによって、サービス品質は従来よりさらに向上すると見込んでいます。

「使い勝手の向上はもちろん、海外の担当拠点から一連の対応が自動化でスムーズに行えるようになります。最低でも半日は要した海外のお客さまへの対応が、瞬時にできるようになるでしょう」

 第1フェイズで確かな手応えをつかんだ同社では、現在、後継サービスの開発と並行して、運用基盤の第2フェイズ、第3フェイズの開発を進めています。その後、現行のVPSRemoteに実装し、今後リリース予定の後継サービスにも実装していく計画です。

SHARE

関連記事

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

2018.06.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第2回

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

2019.10.04

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第2回

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

2019.09.26

人事部門もデジタル化できる

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

2021.07.21

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

企業にCDOが求められる3つの理由

2021.07.16

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第30回

企業にCDOが求められる3つの理由

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

2021.07.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

2021.06.25

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第68回

有識者が解説する「誤解だらけのサブスクとDXの関係性」

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?

2021.06.16

セキュリティ対策に求められる新たな視点第24回

ゼロトラストを目指し境界防御から無害化に、ネオファースト生命はどう移行したか?