NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?
2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第13回

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

著者 Bizコンパス編集部

スクラッチではできない。ServiceNowのメリットとは

 とはいえ、新たな運用基盤のシステム開発にかけられる時間は限られています。従来と同様のスクラッチ開発では時間が掛かりすぎると判断した同社は、SaaS(クラウドサービス)の利用に切り替えます。

 同社が選んだのは、サービスマネジメントのツールとしてシェアNo.1(IDCjapan調査)のSaaS型プラットフォームサービス「ServiceNow CSM(Customer Service Management)」です。

 従来のスクラッチ開発が、すべて最初から仕立てる“フルーオーダー”とするならば、ServiceNowを使ったアジャイル開発は、ある程度仕立てられた状態からスタートする “イージーオーダー”のようなものです。

 今回のプロジェクトで開発に携わった寺島聡太氏は、ServiceNowを選択した理由について「自分たちのやりたいことをServiceNowに標準で用意されたモジュールを業務に当てはめるだけで、工期や工数を圧倒的に短縮できる点を高く評価しました」と説明します。

 ServiceNowの導入をサポートするパートナー企業には、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)を選定しました。野田氏はその理由について、「NTT Com は、自社内のさまざまな領域で、ServiceNowを使い込んでいると聞き、蓄積された豊富なノウハウや知見を活かした導入サポートに期待しました」と話します。

 一方で、同部の門脇正氏は、NTT Comの“その他のソリューション”への期待も大きかったといいます。

「NTT Comは、幅広いサービスラインナップがあるため、さまざまなソリューションを組み合わせた案件プラスアルファの提案が受けられるのではないか、と考えたことも選定理由の1つです」(門脇氏)

SHARE

関連記事

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

2019.05.08

DXを加速させるITシステムの運用改革第4回

主役は情シス、安く・早く・簡単に「ServiceNow」を始める新サービス

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

2018.06.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第2回

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

2019.10.04

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第2回

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

2019.09.26

人事部門もデジタル化できる

導入前に押さえておきたい「HRテック」の効果と難易度

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

2021.04.15

IT&ビジネスコラム第1回

【激白】NTT Comの“危機感”とDX事業の勝ち筋

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

2021.04.14

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第64回

横河電機が推進する“インターナル”と“エクスターナル”両輪でのDXとは

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

2021.04.07

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第25回

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

2021.04.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

2021.03.31

これからの時代に求められるデータ利活用第9回

勘と経験だけではもう通用しない。スポーツ界のデータ分析最前線

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

2021.03.26

DXを加速させるITシステムの運用改革第38回

IT部門の変革によりDXを加速!起爆剤となる「マネージドサービス」とは

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか

2021.03.24

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第62回

DX成功の鍵“あらゆる組織がデータを活用できる環境”はどう実現するのか