Bizコンパス

脱エクセル!ServiceNowとTenableで脆弱性管理の自動化を実現
2019.09.27

DXを加速させるITシステムの運用改革第11回

脱エクセル!ServiceNowとTenableで脆弱性管理の自動化を実現

著者 Bizコンパス編集部

 セキュリティ人材の2/3が「転職」を考えている。アメリカの調査会社International Data Group(IDG)による調査結果では、昨今の疲弊するセキュリティ現場のリアルが浮き彫りになっています。

 背景には、サーバーやPCのみならず、スマートフォンやIoT機器なども含めたセキュリティ対策の範囲が急激に広がり、現場の負担が大きくなっていることがあります。中でも脆弱性への対応は顕著です。5~6年前まで発見された脆弱性は年に数千件程度だったものが、昨年は年16,500件以上が報告されており、セキュリティ担当者は24時間365日アラート対応に追われています。

 しかし、多くの企業では、脆弱性への対応において、情報をエクセルシートで管理し、関係各所にメールするという手作業で膨大なタスクをこなしている現状もあります。

 これらの解決手段として注目を集めているのが、ワークフローをデジタル化する「ServiceNow」と脆弱性スキャナ「Tenable」を組み合わせた「脆弱性管理の自動化」です。セキュリティ運用の現場を劇的に変えるこのソリューションについて、専門家3人が解説します。

 本インタビューのServiceNow高橋氏、Tenable阿部氏、NTT Com松山氏が講演したセキュリティ業務プロセスDXセミナー「DXを推進する脆弱性管理の最新動向とセキュリティ担当者にもたらす価値とは」の資料を本記事の最後に掲載しております。より詳しくソリューションの内容を知りたい際にぜひご利用ください。

気になる見出しをクリック

AIの機械学習で、対処すべき脆弱性を絞り込む

情報のエクセル管理も、担当者へのメールや電話も不要に

自動化によって、稼働が60%削減された例も

この記事で紹介しているサービスについて

SHARE

関連記事

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

2019.09.20

セキュリティリソースの不足をいかに補うべきか?第3回

企業のセキュリティ対策は“アウトソース”がカギ

あらゆるリスクを無害化する、「最強のセキュリティ対策」とは

2019.04.24

セキュリティ対策に求められる新たな視点第4回

あらゆるリスクを無害化する、「最強のセキュリティ対策」とは

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

2018.11.22

グローバルなIT基盤を最適化する仕組み

セキュリティ対策の「As-is」「To-be」の考え方とは

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

2019.03.28

サイバー攻撃に企業はどう準備すべきか第3回

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

2019.10.04

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第2回

「ITIL4」の時代に求められるITサービスマネジメントとは?

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第17回

過去にうまくいかなかった人にも見てほしい「最新クラウド導入方法」

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

2019.08.02

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第16回

DX実現のために乗り越えるべき“クラウド導入の壁”とは

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは

2019.07.31

DXを加速させるITシステムの運用改革第9回

終らないアラート対応に終焉を、ServiceNowとTenableが打ち出す脆弱性管理とは