NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催
2020.11.13

新たなイノベーションはアジアから始まる第4回

コロナ禍でも勢いのある東南アジアベンチャーを発掘「NTT Startup Challenge 2020」開催

著者 Bizコンパス編集部

コロナ禍でも東南アジアスタートアップへの投資は衰えていない

――東南アジアはそれほどスタートアップ熱が高い地域なのでしょうか? 現地スタートアップのエコシステムでは、新型コロナウイルスによる影響は出ていないのでしょうか?

 世界的には、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスタートアップが資金調達難・需要減に苦しんでいます。2020年第一四半期においては、スタートアップがベンチャーキャピタル(以下、VC)から調達した資金は世界全体で20%減少し、全体の72%が売上を落としています*1

 他方、東南アジアのスタートアップ投資は力強い成長を続けています。WHOがパンデミックを宣言した2020年3月から、同年7月までの東南アジアにおけるVC投資額は、前年同期比3倍の52.3億ドルに成長しました。中でも、インドネシアにおけるVC投資熱は全く衰えず、前年同期比6倍を記録しました*2

 7月には、世界最大のVC、Sequoia Capital(米国)が、東南アジア向けの新ファンド設立を発表しました。同社が「パンデミックによって大幅なコース変更となりつつも、東南アジアテック系新興企業の新しい、強気のサイクルが間もなく始まるだろう」と語るように、東南アジアのスタートアップ投資は、今後さらに盛り上がりを見せることが予想されます。

――国別に見ると、どのような傾向があるでしょうか

 国別にVC投資額をみると、TEMASEK(シンガポール)をはじめとする政府系ファンドが強いシンガポール(67億ドル、2019年)と、東南アジアトップのユニコーン企業数を誇るインドネシア(27億ドル、2019年)が群を抜いています。以降、数百万~数億ドル規模のVC投資額をもつベトナム、マレーシア、フィリピン、タイが続きます*3

*1 Startup Genome「Global Startup ecosystem report」
*2 公益社団法人 日本経済センター「コロナ後のイノベーション・ハブ」
*3 White star Capital「SEA Venture Capital Landscape 2020」

SHARE

関連記事

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

2020.11.20

これからの時代に求められるデータ利活用第7回

DX部門を立ち上げたらどうなるのか?実際の企業に見る、DXの理想と現実

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

2020.11.20

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第30回

従業員を固定電話から解放、第一生命の“スマホで加速する”働き方改革

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

2020.11.18

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第12回

トヨタが「Woven City」で狙うのは、DXのプラットフォーマー

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

2020.11.18

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第3回

With/Afterコロナのネットワークを支える「エッジコンピューティング」とは

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

2020.11.16

IT&ビジネス最新ニュース第78回

ITR、2021年に注目すべき13のIT戦略テーマを発表

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

2020.11.04

DXを加速させるITシステムの運用改革第32回

コロナ後の社会に求められるデジタル変革とは?ServiceNow Japan社長が語る

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは

2020.10.28

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第9回

「ネクストノーマル」時代に、企業に求められるIT戦略とは