2019.01.09 Wed

 ITインフラのクラウドシフトが急速に進む中、基幹システムのクラウド化に踏み切る企業も増えてきました。化粧品やトイレタリー用品のトップメーカーである花王株式会社もその1つです。2015年にSAPシステムのグローバル展開を終えた同社は、グローバルSAPシステムをクラウド化するため、NTTコミュニケーションズのマネージド型クラウドサービス「Enterprise Cloud for SAPソリューション(※)」を採用。さらに日米の運用拠点間をバックボーンネットワークで接続するとともに、周辺のクラウドサービスともネットワーク連携してマルチクラウド体制を構築しています。

※Enterprise Cloud for SAPソリューションは、SAP向けにVirtustreamのミッションクリティカルな環境に対応する共有型クラウド技術と運用をセットにしてNTTコミュニケーションズが提供しているソリューションです。

【花王株式会社について】

一般消費者向けに「化粧品」「スキンケア・ヘアケア」「ヒューマンヘルスケア」「ファブリック&ホームケア」の4つの事業分野でコンシューマープロダクツ事業を展開。法人向けの「ケミカル」事業分野においては、産業界のニーズにきめ細かく対応したケミカル製品を幅広く展開しています。2017年度からは、環境に配慮して、より暮らしやすい社会を実現する企業活動を、強力な企業統治のもとで推進するESGの取り組みも進めています。

気になる見出しをクリック

経営目標に貢献するITインフラのクラウドシフト

クラウド基盤とグローバル拠点間ネットワークのアウトソース

クラウド間の接続や拠点とつなぐネットワークコストの削減

クラウドならすぐに環境を用意してPoCを実施可能

クラウド戦略を進め、IT部門をイノベーティブな集団に変革

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード