NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王
2019.01.09

基幹システムのクラウド化とグローバルネットワーク

クラウドとネットワーク活用で経営戦略を強化する花王

著者 Bizコンパス編集部

クラウド間の接続や拠点とつなぐネットワークコストの削減

 最初のプロジェクトは、花王グループの経営情報を一元的に管理する「SAP Central Finance」をターゲットとし、2017年6月から1年3カ月で新たなクラウド基盤に移行しました。その後もサーバーの更新に合わせて、国内のデータウェアハウス基盤である「SAP BW」を2018年9月に約3カ月かけてアップグレードし、現在は予算計画システムの「SAP BPC」の移行を進めていく方針です。

 Enterprise Cloud for SAP ソリューションの特長は、クラウド基盤サービスばかりでなく、テナント環境設定からシステム移行までを支援するサービス、導入後の監視運用代行サービスまで、フルマネージドで提供されることにあります。花王の情報システム部門 ICT部 情報技術Gの都倉政弘氏は「以前のクラウドサービスはメンテナンスの実施時間がベンダーの判断で決まるため、米国の深夜=日本時間の昼間に当たってしまうこともありました。NTTコミュニケーションズが提供するクラウドなら運用の自由度が高く、メンテナンス実施時間もコントロール可能です。また利用したハードウェアリソース分だけ課金する仕組みは我々の考えに適しています」と話しています。

 現在、SAPシステムが稼働するクラウド基盤は日本とアメリカの2カ所に置き、クラウド間はNTTコミュニケーションズの10Gのバックボーンネットワークで接続しています。クラウド基盤とグローバル約60カ所、日本国内約200カ所の各拠点とをつなぐ足回りのネットワークは、NTTコミュニケーションズの提供するMPLS回線を用いています。バックボーンネットワークと足回りのネットワークの二重化によって安定性が高まるとともに、パフォーマンスの向上にも貢献しています。SAPシステムにおいて、日本だけでなく、アジア、欧米とのデータ連携が発生する同社の場合、クラウド基盤間を結ぶバックボーンのスピードも重要で、NTTコミュニケーションズのネットワークによって品質が担保されているメリットは大きいといいます。

基幹システムは本クラウドに集約、日・欧米のクラウド間ネットワークで接続

SHARE

関連記事

SAP ERPのクラウド移行はICT基盤刷新の大チャンス

2017.12.01

ビジネススピードを加速するIT基盤第7回

SAP ERPのクラウド移行はICT基盤刷新の大チャンス

日本コカ・コーラシステムに見るクラウド活用の真髄

2017.12.06

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第16回

日本コカ・コーラシステムに見るクラウド活用の真髄

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

2018.09.19

モード1のクラウド化を推進せよ後編

ERPのクラウド化、最適なサービスをどう選ぶ?

ハイブリッドICT時代の基幹システム専用クラウド活用

2017.09.20

ビジネススピードを加速するIT基盤第4回

ハイブリッドICT時代の基幹システム専用クラウド活用

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

2020.07.22

エバンジェリストが解説「5分でわかるITトレンド」第7回

「With/Afterコロナ」で企業のクラウド利用は加速するか

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか

2019.08.28

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第19回

「2025年問題」を見据えたSAP ERP環境はどう構築すればいいのか

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

2019.06.12

DXを加速させるITシステムの運用改革第5回

マイクロソフトが提唱する、「2025年の崖」への新たな一手

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

2018.06.29

ビジネススピードを加速するIT基盤第16回

インフォアジャパンが示すERPクラウド化のカギとは

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

2018.01.24

基幹システムで実現する働き方改革

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

2018年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード

2017.12.22

ビジネススピードを加速するIT基盤第8回

2018年のITトレンドは?企業の動向を知るキーワード