2018.12.21 Fri

 これまで人間が行っていた処理をAIやロボットを活用して自動化する、あるいはビッグデータ解析によってマーケティングを高度化するなど、デジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みは社会全体に広まっています。このトレンドに乗り遅れるようなことがあれば、競合他社に遅れを取ることにもつながりかねません。

 現在、デジタルトランスフォーメーションを実現するためのベースとして、多くの企業ではクラウドを積極的に活用しています。しかし、適切にクラウドを活用することができず、十分な成果を得ることができないというケースも少なくありません。

 NTTコミュニケーションズ ICTコンサルティング本部の原田光帆氏と南葉潤一氏は、「NTT Communications Forum 2018」において「企業のDXを推進する戦略的なマルチクラウドとは」と題した講演を行い、デジタルトランスフォーメーションの実現に向けたクラウド活用のポイントを解説しました。その内容を紹介します。

気になる見出しをクリック

デジタルトランスフォーメーションを加速するマルチクラウド環境の作り方

ポイント1:適切なプラットフォーム選定でITインフラを最適化

ポイント2:ガイドラインを策定し安全に使えるクラウド環境を整備

ポイント3:アウトソースの活用でデジタル化に向けてリソースをシフト

このテーマについてもっと詳しく知りたい

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

関連キーワード