NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

ハイブリッドクラウドを実現する、VMwareの仮想インフラとは
2018.12.19

ビッグデータ時代のクラウド構築前編

ハイブリッドクラウドを実現する、VMwareの仮想インフラとは

著者 Bizコンパス編集部

日本企業のニーズに応えるソリューションも続々登場

 VMware のテクノロジーを活用し、日本のパートナー企業各社は、品質や安定性、スケーラビリティ、セキュリティといった国内企業のニーズに応じたソリューションを展開しています。イベント会場で「SOLUTIONS SHOWCASE」として展示されていたそれらの一部をここで紹介します。

「SOLUTIONS SHOWCASE」

 VMwareおよびパートナー各社が展示を行った「SOLUTIONS SHOWCASE」。物理サーバーの運用負荷の軽減などを目的として、パブリッククラウド上でVMware環境を展開するための展示が目立っていた。

スポンサーによるソリューション展示

 スポンサーブースでは56企業が自社ソリューションを展示。中でもVMwareの日本法人と15年以上にわたり協業関係であるNTTコミュニケーションズのブースでは、「VMware Cloud Verified Partner」として多様なソリューションを提供している。

 同社が提供する「Enterprise Cloud」だけでなく、AWSやMicrosoft Azureなど多くのクラウドサービスと連携できる「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect」などを提供している。さらにEnterprise Cloudでは、VMwareの仮想化技術を統合した「VMware Cloud Foundation」や、オンプレミスのVMware vSphere環境から最新バージョンのVMware Cloud Foundationなどへ移行できる「VMware Hybrid Cloud Extension」にも対応する

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります

SHARE

関連記事

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

2018.08.24

モード1のクラウド化を推進せよ前編

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

VMwareに聞く!IT資産最適配置のためのクラウド

2017.07.21

ビジネススピードを加速させるIT基盤を考える

VMwareに聞く!IT資産最適配置のためのクラウド

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?

2018.02.16

ビジネススピードを加速するIT基盤第11回

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

2018.09.14

“インターネットが遅い”を解消!!

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは