Bizコンパス

ハイブリッドクラウドを実現する、VMwareの仮想インフラとは
2018.12.19

ビッグデータ時代のクラウド構築

ハイブリッドクラウドを実現する、VMwareの仮想インフラとは

著者 Bizコンパス編集部

 クラウドとオンプレミスのインフラをいかに連携させるか。アマゾン、マイクロソフト、グーグル、IBMなどのクラウドベンダーの隆盛、セールスフォースやワークデイといったクラウドアプリケーションの普及によって、企業のシステム運用は大きく変化しています。

 ビジネス戦略において、モバイル、IoT、AIなどを通じてクラウドに集めたビッグデータ活用が不可欠になるこれからの時代。すでにデータを物理サーバーからクラウドに移行、あるいは検討に入っている企業も多いでしょう。

 しかし、互換性やセキュリティの懸念から、クラウド連携できないオンプレミスのインフラをどうすればよいのかという課題を抱えるケースもあります。これからのビジネスに対応する、最適なクラウド構築とはどのようなものなのでしょうか?

 未来像のひとつを提示するのが、クラウドや仮想化テクノロジーに関するリーディングカンパニーのVMwareです。11月に都内で開催されたプライベートカンファレンス「vFORUM 2018 TOKYO」では、VMware Inc. CEOパット・ゲルシンガー氏、同 CTOレイ・オファレル氏、ヴイエムウェア株式会社 代表取締役社長ジョン・ロバートソン氏らが「テクノロジー スーパーパワー」と題した基調講演を実施しました。ここでは、そのレポートを通じて「ビッグデータ時代のクラウド構築」について紹介します。

仮想化技術で、あらゆるクラウドをハイブリッドする

「我々は創業から20年にわたり、サイロをなくすというミッションに取り組んできました」と語るのは、基調講演の冒頭に登壇したヴイエムウェア株式会社 代表取締役社長のジョン・ロバートソン氏です。サイロとは、単一システム内でサーバーとネットワークを別々の担当者が運用管理をするなど、それぞれが孤立した状態となっていることを指しています。クラウドが普及した昨今では、Amazon Web ServicesとMicrosoft Azureなどふたつの異なるパブリッククラウドで運用管理が分かれ、クラウド間でデータ移動ができないといったケースもあります。

「最初は、物理サーバーのサイロをなくすことに取り組みました。その次はデータセンターのサイロをなくすこと、今はクラウドのサイロをなくすことに取り組んでいます。アプリケーションとデータとワークロードが自由に動けるよう橋渡しをしましょうということです」

 同社では、あらゆるデバイスやアプリケーション、クラウドをシームレスに連携させる「ANY DEVICE, ANY APPLICATION, ANY CLOUD」を提唱し、5年前からプライベートクラウド、パブリッククラウド、オンプレミスのインフラなどを共通管理できる「ハイブリッドクラウド」の製品化に取り組んできました。

 それを支えるのは、インフラの仮想化です。サーバー、ネットワーク、ストレージなどを仮想化してソフトウエアで制御することによって、物理的な制約にとらわれないITインフラの構築を実現しています。現在は、vSphere(サーバー)、NSX(ネットワーク)、vSAN(ストレージ)といった仮想化技術を統合したアーキテクチャであるSoftware-Defined Data Center(SDDC)を推進。さらに仮想化ソフトウエアの管理ツールをクラウドに組み込んだVMware Cloud Foundationでは、システム全体の運用を自動化することで、プライベートクラウドをオンプレミスで維持しながら、パブリッククラウドでアプリケーションを実行するといったことも可能になっています。これらVMwareのソリューションは、全世界で50万社、日本では2万社以上のユーザーに利用されています。

SHARE

関連記事

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

2018.08.24

モード1のクラウド化を推進せよ前編

クラウドへの移行で検討したい「4つの選択肢」

VMwareに聞く!IT資産最適配置のためのクラウド

2017.07.21

ビジネススピードを加速させるIT基盤を考える

VMwareに聞く!IT資産最適配置のためのクラウド

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?

2018.02.16

ビジネススピードを加速するIT基盤第11回

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

2018.09.14

“インターネットが遅い”を解消!!

クラウドを快適に使うための解決策「IPoE」とは

AWSの新サービスが次々に発表「re: Invent 2019」レポート

2020.01.06

シリコンバレー通信第22回

AWSの新サービスが次々に発表「re: Invent 2019」レポート

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

2019.12.18

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第19回

「こんなはずじゃなかった」働き方改革、現場を活性化するツールとは?

「少ない予算でもイノベーションは起こせる」NTT Comラボの事例を紹介

2019.12.06

デジタルトランスフォーメーション最前線第3回

「少ない予算でもイノベーションは起こせる」NTT Comラボの事例を紹介

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

2019.11.13

DXを加速させるITシステムの運用改革第13回

なぜ横河電機はスクラッチ開発を諦めServiceNowを選んだのか?

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

2019.11.01

DXを加速させるITシステムの運用改革第12回

人手が足りなくても、セキュリティレベルは高められる

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

2019.10.25

ビジネススピードを加速するIT基盤第22回

キャタラーはどのようにしてマルチクラウドの課題を解決したのか

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは