Bizコンパス

住友商事が「Box」導入で目指す働き方改革の実現
2018.10.31

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第6回

住友商事が「Box」導入で目指す働き方改革の実現

著者 Bizコンパス編集部

スマートデバイス対応の使い勝手の良さが高評価、働き方改革に貢献

 住友商事は、ファーストステップとして東京本社で約6,000名を対象にBoxの導入を開始し、その約半年後にはリリースを完了しました。

「6,000人分のID管理や権限設定など、セキュリティへの配慮には大きな時間を割きました。それでも半年でリリースできたスピード感はオンプレミスにはない、クラウドならではの強みだと感じています」このような実装作業と並行し、Box活用促進に向けた社内支援にも力を入れました。

 同社 IT企画推進部の齊藤 高輝氏は、当時の取り組みを振り返ります。「導入に向けて教育セッションを設けたところ、非常に社員の関心が高く、即日で満席になることもありました。その後も追加セッションを開催し、1,000名以上の社員が参加しています。さらにわかりやすいマニュアルを、あえてBox上にも公開するなど、利用を促す工夫もしたことで社内への浸透も加速できました」

 多くの社員が待ちわびていた状況だったため、リリース後の反響も上々だと山田氏も語ります。「社内外との情報のやり取りが容易になり、使い勝手も良いという声を聞きます。特にタブレットなどのスマートデバイスでも、ファイルの閲覧が容易にできることが大きいと感じています。あらゆる場所で、いろいろな人が時間を選ばず利用できるようになっています。私もBoxを導入してから紙を持ち歩かなくなりました。手元のタブレットでファイルを確認、コメントで指示を出すといった働き方改革が実現できています」もちろん、利用者ごとの権限設定がきちんとできているため、当初の課題だったセキュリティ対策もクリアされています。

働き方改革を促進する住友商事グループグローバル情報共有基盤のイメージ

 齊藤氏は、働き方改革の観点からBoxに大きな期待を寄せます。「Boxに情報を一元化することで、情報を探す、共有方法を探すといった社員の『悩む時間』を半分に減らし、『コミュニケーションや考える時間』を2倍に増やすことが実現できると見込んでいます。本年度中には海外に展開し、並行して順次グループにも展開していく計画です」

SHARE

関連記事

業務効率化を安全に推進する「Box」実装テク!

2018.09.21

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第5回

業務効率化を安全に推進する「Box」実装テク!

大手企業が続々導入!「Box」人気の秘密を探る

2016.12.16

なぜ日本はパブリッククラウド後進国なのか?

大手企業が続々導入!「Box」人気の秘密を探る

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

2018.10.19

「最先端AI」で業務効率化する方法前編

働き方改革を推進するキーアイテムは「音声認識」

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

2018.01.24

基幹システムで実現する働き方改革

どうしてクラウドERPが「働き方改革」に有効なのか

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

2020.06.26

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第28回

「議事録作成」はどうすれば効率化できるのか?

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

2020.06.10

テレワーク導入の“壁”を解決第9回

テレワークの成否を分ける鍵は「経営者・管理職」が握っている

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか

2020.06.05

テレワーク導入の“壁”を解決第8回

なぜNTT Comは早期に全従業員の在宅勤務を実現できたのか