NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)
知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所
2018.06.15

DXを加速させるITシステムの運用改革第2回

知っておきたい!「ServiceNow」導入とIT運用の勘所

著者 Bizコンパス編集部

 デジタルを活用した新たなサービス創出が求められる現在、ビジネスにおけるプラットフォームの根本的なモダナイゼーションが求められています。そのような潮流を受けて、国内外で急速にシェアを拡大しているのが「ServiceNow」です。人気の秘密を2018年4月25日に開催された、日経ビジネスオンライン×ServiceNow Japan主催セミナー「加速するデジタルトランスフォーメーション 新たな価値創出を可能にするサービスマネジメントとは」の講演から探っていきます。

デジタルビジネス変革期のIT部門に問われる資質

 最初に、ServiceNow Japan株式会社(以下、ServiceNow Japan)の久納信之氏が登壇し、「デジタルビジネス変革期に求められるサービスマネジメント・プラットフォームとは?」と題した講演を行いました。

 まず、久納氏が指摘するのは、ビジネス側(事業部門など)から期待されるIT(部門)の責務に変化が出始めていることです。これまでのITは、主にシステム構成の刷新による“コスト”削減やセキュリティ対策による“リスク”低減が期待されていました。しかし、最近では事業部門が求めるサービスをすぐに投入できる“スピード”に加え、使いやすさ、便利さといった“ユーザー体験”が、コストやリスクよりも重要視される傾向にあるといいます。

 このITの責務が逆転した背景には、「モノからコトへ」と、ビジネスの主流がサブスクリプション型にシフトしていることが挙げられます。Uber、Amazonといったディスラプターと呼ばれる企業が登場し、スマートフォンで容易に利用できるサービスを、圧倒的なスピード感で投入し、新たなユーザー体験を創造しました。

 久納氏はスポーツ用品メーカーを例に、サービスの重要性を解説します。ポイントはモノ(製品)にサービスという付加価値を持たせることです。

「たとえば、お店でジョギングシューズを購入したとします。そのシューズの購入者に対して無料スマホアプリが提供され、ユーザーの目的に合わせて最適なトレーニング方法、サプリメントなどを提案してくれます。さらにアプリを使って必要な商品を会員割引で買い足すこともできます。この場合、シューズ(の性能)が“コアサービス”、アプリによる提案が“実現サービス”、追加の商品を割安で購入できることが“強化サービス”の位置づけになります」

 この複数のサービスで構成される新たなサービスの考え方はIT部門になじみ深いITIL(ITサービスマネジメントのベストプラクティス)の定義と同じです。

複数のサービスから構成されるサービス?

「私が強調したいのは、すでにITサービスマネジメント(ITSM)の世界では先に説明したようなことを当たり前にやっていたということです。たとえばERPをサービスとして社内構築する際に、付随してオペレーションのサービスが存在し、さらに使いやすいユーザーインターフェイス、サービスデスクといったサービスも必要になります。ビジネスの戦略に基づきITの戦略を立て構築、展開してオペレーションで継続的に改善する。この考え方はビジネスもサービスもまったく同じです」

 つまり、IT部門のこれまでの経験をデジタルビジネス変革期に活用できるというのが久納氏の見立てです。

SHARE

関連記事

デジタル変革のためにIT人材を確保する一手とは

2018.02.02

DXを加速させるITシステムの運用改革第1回

デジタル変革のためにIT人材を確保する一手とは

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?

2018.02.16

ビジネススピードを加速するIT基盤第11回

なぜあの企業はITインフラの刷新を遂行したのか!?

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

2017.09.06

ビジネススピードを加速するIT基盤第3回

人材不足やIT環境複雑化を解消する“運用改革”とは

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

2017.02.17

スピード経営に求められるIT基盤とは

三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

2020.10.21

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第53回

未来の製造業のヒントが体感できるショールーム「スマラボ東京」オープン!

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

2020.10.16

ニューノーマル時代のネットワーク技術革新第2回

なぜニューノーマル時代に「ゼロトラストモデル」が求められるのか

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

2020.10.14

これからの時代に求められるデータ利活用第6回

DX推進の軸となる「データレイク」とは?データウェアハウスとの違いは?

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

2020.10.09

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第8回

モノだけを売る時代は終わった。データで“体験”が生み出せるか?慶大・宮田裕章教授に聞く

DX時代のITインフラに、「SD-WAN」が欠かせない理由とは

2019.05.29

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第14回

DX時代のITインフラに、「SD-WAN」が欠かせない理由とは