NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
ディープラーニングとGPUが、社会を変えるAIを作り出す
2018.11.16

GPUで切り拓くAI時代のビジネス最前線第3回

ディープラーニングとGPUが、社会を変えるAIを作り出す

著者 Bizコンパス編集部

AIは、社会全体に大きなインパクトをもたらす

 ディープラーニングとGPUに支えられて進化し、ビジネス領域でも存在感を増しているAIについて、松尾氏は講演の中で「電気やエンジン、トランジスタ、あるいはインターネットに匹敵する汎用技術(GPT:General Purpose Technology)である」という認識を示しています。

「ディープラーニングの現状は、インターネットが世に広まりだした1998年頃と似ています。現在、グーグルやアップル、フェイスブック、アマゾンなどのIT企業が時価総額ランキング上位に入っているように、20年後にはディープラーニングで事業を展開する企業がランキングの上位に入っていてもおかしくはありません」

 中でも松尾氏が「日本の企業に大きなチャンスがある」と例に挙げたのが「ディープラーニング×ものづくり」です。自動車や家電などの製造業で培ってきた日本の技術力とディープラーニングによるロボット技術は親和性が高く、少子高齢化による労働力や後継者の不足という社会問題の解消とともに、国際競争力の高い、新たなイノベーションが生まれる可能性があると言います。

 ディープラーニングが社会をどう変えるのかを考え抜いたプレイヤーが勝つ、とも語った松尾氏。「ディープラーニング×ものづくり」というキーワードは、日本がAI時代のビジネスで世界と戦うためのヒントになりそうです。

※掲載されている内容は公開日時点のものです。
※掲載されているサービスの名称、内容及び条件は、改善などのために予告なく変更することがあります

SHARE

関連記事

仮想デスクトップを「GPU」で10倍速くしたハーゲンダッツ

2018.10.12

デスクトップ仮想化の最前線

仮想デスクトップを「GPU」で10倍速くしたハーゲンダッツ

実装が進むディープラーニングのビジネス最新動向

2016.07.27

デジタル時代のビジネス創造を考える第2回

実装が進むディープラーニングのビジネス最新動向

AI活用で事前に製品の品質異常を予測する三井化学

2017.10.18

人工知能(AI)はビジネスにどう活用されるのか第11回

AI活用で事前に製品の品質異常を予測する三井化学

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

2018.08.31

AIでビジネスの課題を解決する

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

2020.09.16

これからの時代に求められるデータ利活用第4回

なぜ企業はDXのためにデータ活用を進めなければいけないのか

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

2020.09.04

ニューノーマル時代におけるCXの新潮流第1回

NTT ComがSmart CXで創る“新たな顧客接点”のカタチとは

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

2020.08.31

IT&ビジネス最新ニュース第50回

ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる

2020.08.28

With/AfterコロナにおけるAI技術の可能性第3回

AIは、コロナに便乗した「フェイクニュース」を見抜けるようになる